★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
中古コスメ・使用済みコスメの買取サービス概要
化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでも、しっかり買取いたします!詳しくはクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大人になってもでき続けるニキビ・吹き出物。意外と知らないニキビの種類や、部位ごとの原因をご紹介!ニキビにいい食べ物・悪い食べ物も!

思春期には、多くの方がニキビに悩まされたと思います。
ニキビは基本的に大人になるにつれだんだんできなくなっていくものとされていますが、20代以降も繰り返しできる大人ニキビに悩まされている方も多いです。
そんなニキビの種類や原因、対処法などをご紹介していきます。
ニキビにお悩みの方の参考になれば幸いです!

リサさん(お客様)
もう成人してからだいぶたつのに、にきびができ続けています…。なかなか治らないし…。
リライフクラブ 三浦
ニキビには、正しい対処が必要です。 リサさんのニキビはどのタイプですか?

ニキビ・吹き出物の種類


ニキビ・吹き出物には、いくつか種類があります。
種類によって対処法なども異なってきますので、まずは自分のニキビがどのタイプか知ることが重要です。

白ニキビ

白ニキビは、もっとも軽度なニキビです。
ニキビの初期症状で、皮脂が毛穴に詰まって盛り上がっている状態です。
コメドとも呼ばれています。
軽度のニキビだからといって安心していると、ここから症状がどんどん進んでいってしまいます。
この段階からしっかりケアすることで、ニキビの重症化を防げますよ。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビの仲間です。
白ニキビは毛穴が閉じていますが、黒ニキビは毛穴が開いた状態です。
詰まった皮脂が空気に触れ、酸化して黒く見えます。

赤ニキビ

白ニキビが重症化すると、赤ニキビになります。
毛穴の内部が赤く炎症を起こしている状態で、痛みがでることもあります。
正しい対処をしないと、ニキビ跡になりやすいです。

黄色ニキビ

赤ニキビがさらに悪化すると、黄色ニキビになります。
膿がたまった状態で、ニキビの最終段階です。
つぶしたくなりますが、自分でつぶすと跡になってしまう可能性があります。
気になったら皮膚科を受診すると良いでしょう。

リサさん(お客様)
どの種類もできてるかも…。どうしよう!
リライフクラブ 三浦
次に、ニキビができる場所とその原因を見ていきましょう。原因がわかれば対処できます!

ニキビ・吹き出物ができる場所とその原因

ニキビ・吹き出物は、出る場所によって原因が変わってきます。
自分のニキビの場所と照らし合わせて、何が原因か知ることも大切です。

Tゾーン

眉毛・眉間・鼻筋のTゾーンは、皮脂の分泌量が多い部分です。
皮脂の分泌が多いため、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
ホルモンバランスが不安定な10代の方や、脂性肌の方は注意が必要です。

思春期ニキビの大半は額にできます。
ホルモンバランスの乱れが原因となることが多いです。
額は皮脂が多いうえ、前髪の毛先などからの刺激もあります。
シャンプーやトリートメントの洗い残しも原因となりますので、ヘアケアや髪形の見直しも大切です。

口周り

口周りのニキビは、胃腸の弱りやストレスが原因です。
食べ過ぎ・脂っこいものの取り過ぎなども大きな原因となります。
ストレスからのドカ食いなどは、口周りのニキビにとって最悪なコンボですね。
また、ホルモンバランスの乱れが原因となることもあるようです。
ホルモンバランスの乱れも、ストレスが原因であることが多いです。
ストレスをできるだけ減らすことが大切ですね。

あご・フェイスライン・首

あご・フェイスライン・首にできるにきびは、ホルモンバランスの乱れが大きな原因です。
この辺りは、男性ならひげがはえる部分です。
男性ホルモンが多いと、ニキビができやすくなってしまいます。
場合によっては、皮膚科だけでなく婦人科の受診も必要です。

背中

背中も、実は皮脂の分泌が活発です。
眠っている間は通気性が悪くなり、ニキビができやすい状態になっています。
自分から見えない位置なので重症化に気づきくい上、皮膚が厚いため治りにくいです。

リサさん(お客様)
私は口周りが多いですかね。ストレスに暴飲暴食…思い当たる節が多いです。
リライフクラブ 三浦
それでは、ニキビを早く治すためにできることを見ていきましょう!

ニキビを早く治すには?

ニキビを早く治す方法はたくさんあります。
出来る範囲で生活に取り入れると、ニキビが早めに治ったり、ニキビ跡になるのを防止したりすることができます。

スキンケアの見直し

ニキビができる原因は、毛穴が皮脂で詰まってしまうことです。
毎日のスキンケアに気を配れば、新たにニキビができることを防いだり、ニキビの治りを早めたりできます。

まず、大切なのは洗顔です。
軽度の白ニキビがある方や、ニキビ予防をしたい方はピーリング作用のある洗顔がおすすめです。
皮脂や角質を落とすことで、ニキビへの効果が期待できます。
炎症を起こしている赤ニキビや白ニキビには、炎症を緩和する成分が入った洗顔がおすすめです。
ハトムギやアロエなどは抗炎症作用が強く人気です。

スキンケアも、抗炎症作用があるもの使うと良いでしょう。
脂性肌の方は、油分の多い化粧品を使うとニキビの原因になりやすいです。
オイルフリーのアイテムに変えるといいかもしれません。
また、ビタミンC配合のものや、美白成分配合のものは色素沈着に効果的です。
ニキビ跡が気になる方は、こうしたアイテムを取り入れると良いでしょう。

ニキビにやってはいけないこと

ニキビにやってはいけないことはたくさんあります。
どれもニキビを悪化させてしまうので、気を付けましょう。

まずは、ニキビを触ること。
触ると刺激になり、悪化させてしまいます。汚い手で触ると、菌が増殖する原因にも…。
きになるのはわかりますが、あまり触らないのが得策です。

つぶすことも、跡が残りやすく危険です。
つぶしたくなってしまっても、我慢した方が無難でしょう。
どうしてもつぶしたい場合は、皮膚科でつぶしてもらうのがオススメです。

ニキビを予防・改善する食生活

肌は、食生活の影響も大きく受けます。
ニキビを予防・改善したいなら、食生活の見直しも重要です。

脂肪分の多い食べ物は、ニキビに悪影響を与えます。 チョコレート類やナッツ類などは食べ過ぎないようにしましょう。
また、質の悪い油なども肌に悪影響です。 揚げ物もできるだけ控えた方が肌には良さそうですね。
また、砂糖にも注意が必要です。 お菓子や菓子パンに多く含まれる白砂糖は、肌を乾燥させる原因となってしまいます。
お菓子類も毎日食べるのではなく、週に数回のご褒美程度に抑えるのがオススメです。

牛乳も、ニキビを発生・悪化させる原因となるようです。
加工が施された牛乳にはニキビの原因となるホルモンが多く含まれています。 チーズなどの乳製品も脂肪が多いため、ニキビにはあまりよくありません。
コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインも、ニキビに悪影響です。 肌に必要なビタミンB群の吸収を悪くさせてしまうので、取り過ぎには気を付けましょう。

逆に、ニキビにいい食べ物も多くあります。
まずは、野菜や果物。 野菜や果物には、肌に必要なビタミンB群やビタミンCが含まれています。
さらに、食物繊維を摂取することで腸内環境がよくなります。
腸内環境がいいと肌の調子も良くなりますので、ヨーグルトやみそ、納豆などの発酵食品もおすすめです!
また、たんぱく質を多くとることも効果的です。
抗酸化力の高い魚類が特におすすめですよ。
洋食や中華より、昔ながらの和食の方が肌にはいいといわれています。
ニキビで悩んでいる方は、和食中心の食生活を心がけてください!

記事作成日:2018年11月30日
記事更新日:2018年12月11日

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
化粧品・コスメ・香水から美顔器などの美容家電・美容グッズ買取サービス
化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

関連記事

コメントは利用できません。
You are here: リライフクラブ > すぐに役立つ!美容関連お役立ち情報 > 大人になってもでき続けるニキビ・吹き出物。意外と知らないニキビの種類や、部位ごとの原因をご紹介!ニキビにいい食べ物・悪い食べ物も!