破れ・汚れ・強い使用感など痛みのあるバッグ・財布などその他ブランド品を誠実買取!
他の買取店に断られた方もお気軽に!詳しくはタップorクリック!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはタップorクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

コロナ禍ではマスク敏感肌に注意!対策方法・ケア方法などまとめ♪

コロナ禍でマスクを着用する機会が増え、マスクが原因の敏感肌に悩まされる方が増えています。
常にマスクを着用しなければならないコロナ禍は、肌にとって過酷な環境です!
今回は、マスクで肌トラブルが起こる理由や、対策、ケア方法などをご紹介します。
マスクによる肌悩みがある方の参考になれば幸いです!

リサさん(お客様)
マスク生活になってから、肌トラブルが続出しています!
リライフクラブ 三浦
対策方法がいくつかあるので、ぜひ取り入れてみてください!

マスクで肌に負担がかかる理由

マスクで肌に負担がかかる理由は複数個あります。
それぞれ対象法やケア方法が異なりますので、ひとつひとつチェックしていきましょう。

摩擦

マスクによる肌負担で一番わかりやすいのが、摩擦。
摩擦は肌にとって大敵とされており、普段から肌に摩擦を生じさせないよう気を付けて生活されている方も多いですよね。

マスクは、着脱の際だけでなく、つけている間も摩擦が起きています。
マスク生活の間は常に皮膚に摩擦リスクが伴っていると思うと、ちょっと落ち込んでしまいますね。

高温多湿

マスクを着用していると、マスクにおおわれている部分が高温多湿な状態になります。
肌が潤っている状態は理想的ですが、蒸れてしまっている状態は実は肌の大敵。
蒸れている状態だと、肌の潤いを保っている細胞間脂質が溶けだして肌が乾燥しやすくなってしまいます。
細胞間脂質はバリア機能の維持にも重要ですので、マスク蒸れ状態が続くとバリア機能が低下し、敏感なゆらぎ肌状態の原因にも。

着脱時の水分の蒸発

蒸れた状態のマスクを外すと、肌表面の水分が一度に蒸発します。
この時、肌の水分まで奪われてしまい、肌が一気に乾燥状態に。
マスクを着用していると、蒸れと乾燥が繰り返されるためどんどん肌にダメージが蓄積していきます。

マスク内での菌類の増殖

高温多湿な環境は、菌類が増殖しやすくなります。
ニキビの原因となるアクネ菌にとっても、高温多湿なマスクの中は増殖しやすい環境。
普段はニキビが気にならない方でも、マスクを着用しているとニキビが増えやすくなってしまいます。

マスク敏感肌の対策方法

マスク着用時には、こんなに肌に負担がかかっているなんて驚きですよね。
マスクをしている限り敏感肌からは逃れられないと思ってしまいそうですが、対策方法ももちろんあります。

肌への刺激が少ないマスクを選ぶ

まずは、マスク選びから。
新型コロナウイルス感染症対策に推奨されている不織布マスクは、繊維のざらつきを感じやすく、摩擦が起きやすいです。
ウレタンマスクや布マスクは柔らかな素材で摩擦が起きにくく、肌が敏感な時におすすめです。
また、フェイスシールドは摩擦がなく、蒸れにくく便利です、
ただ、ウレタン、布、フェイスシールドの感染対策効果は不織布と比べて低いため、屋内や人が多い場所での使用はあまりおすすめできません。
シーンに合わせて使い分け、肌負担軽減を狙ってみてもいいかもしれません。

また、マスクのサイズも負担軽減に重要です。
サイズが合わないマスクを使っていると、摩擦が起こりやすくなります。
自分の顔のサイズに合ったマスク選びを心がけましょう。

マスクフレームを付ける

いつも使っているマスクに、マスクフレームを使うのもおすすめです。
マスクフレームを使うとマスクの中に空間ができ、摩擦が起こりにくくなります。
口紅やファンデーションなどメイクもつきにくくなるので、衛生的なのも嬉しいポイントです。
呼吸もしやすくなるので、マスク生活が少し快適になりますよ。
100円均一でも取り扱いがあるので、手軽に取り入れられます。

ゆらぎ肌・敏感肌向けスキンケアに切り替える

マスクによる敏感肌も、普通の敏感肌やゆらぎ肌向けのケアがおすすめです。
低刺激の化粧品を選ぶようにし、ケアの際も摩擦をできるだけ起こさないような付け方を心がけましょう。

肌が敏感になっているときは、バリア機能が低下しています。
バリア機能をつかさどる細胞間脂質で重要な役割を果たしているセラミドを配合した化粧品が特におすすめです。

肌の荒れ、炎症が気になるときは、抗炎症成分を配合した薬用化粧品を選ぶと◎。
薬用化粧品にはニキビ向けのものも多いため、ニキビにお悩みの方にもおすすめです。

紫外線や大気汚染物質対策を取り入れる

紫外線や大気汚染物質は、肌の炎症の原因となります。
マスクでバリア機能が低下した状態だと、受けるダメージはより重いものに。
マスクをしていても、日焼け止めやアンチポリューションコスメを取り入れて対策しましょう。
最近は、メイク崩れを防止しつつ外的刺激から肌を守ってくれるミスト化粧水も各ブランドから発売されています。
そうしたアイテムを取り入れると、マスク生活を少し快適にしてくれますよ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
化粧品・コスメ・香水から美顔器などの美容家電・美容グッズ買取サービス
化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

関連記事

コメントは利用できません。