破れ・汚れ・強い使用感など痛みのあるバッグ・財布などその他ブランド品を誠実買取!
他の買取店に断られた方もお気軽に!詳しくはタップorクリック!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはタップorクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

意外と知らない日焼け止め用語を詳しくご紹介!SPF、PA、ケミカルなど♪

夏の必需品コスメといえば日焼け止め。
日焼け止めは、SPF、PA、ケミカル、ノンケミカルなど、専門用語が特に多いジャンルです。
なんとなくSPFとPAの数値の高さで選んでいる、という方も多いのではないでしょうか。
日焼け止めを選ぶ決め手になるのは、SPFとPAの数値だけではありません。
そこで今回は、日焼け止めを選ぶときに役立つ、日焼け止め用語について詳しくご紹介します!

リサさん(お客様)
日焼け止めを買おうと思っているのですが、SPFとかケミカルとか用語の意味が全然わかりません!
リライフクラブ 三浦
日焼け止めに使われる用語の意味をそれぞれご紹介しますね!

日焼けによる赤みや痛み、炎症を防止する「SPF」

どの日焼け止めにもかならず記載されているSPFは、「Sun Protection Factor」の略称。
紫外線を浴び、肌が赤くなってひりひり痛む状態(サンバーン)を起こすまでの時間をどれだけ伸ばせるかの基準となっています。
例えば、SPF30だったら30倍に、SPF50だったら50倍に伸ばせるということですね。
肌に何も塗らずに真夏の晴れた海辺にいると、日本人の場合20分~30分ほどでサンバーンを起こします。
20分でサンバーンを起こす場合、SPF30だったら10時間、SPF50だったら約16時間サンバーンを防止できるんですね。

ちなみに、日本で表示できるSPFの最大値は50ですが、海外ではそれ以上の数値の日焼け止めが販売されています。
国内の倍以上のSPF110なんてアイテムも!
海外旅行の際は、日焼け止めをお土産にしてみてもいいかもしれませんね。

シミ・しわ・たるみの原因となる紫外線から肌を守る「PA」

SPFの次に書いてあるPAは、「Protection Grade of UV-A」
紫外線A波から肌を守る効果を+の数で表したものです。
紫外線A波についてはこの後詳しくご紹介します。
PAは、紫外線を受けて起こるしわ・たるみなど真皮のダメージ、メラノサイト活性化による肌の黒化、しみ・そばかすなどを防いでくれます。
+で「効果がある」、++で「かなり効果がある」、+++で「非常に効果がある」、++++で「極めて高い効果」という意味です。
日常生活の紫外線防止には++までで十分とされており、海や山、炎天下での活動時には++~++++が目安とされています。

夏に多い肌の赤み、痛みなどの原因となる「紫外線B波(UV-B)」

夏の炎天下で肌に起こる赤みや痛みといったサンバーンの原因は、「紫外線B波(UV-B)」です。
夏になると特に量が増えるので、注意が必要となります。
紫外線B波はサンバーンだけでなく、皮膚が黒くなるサンタンの要因にも。
日焼け止めの紫外線B波に対する防御力は、SPFで表されます。
炎症もメラニンも美肌の大敵ですので、夏はSPF高めの日焼け止めを使用しましょう。

しわ・たるみなど真皮のトラブル、シミなどメラニントラブルの原因となる「紫外線A波(UV-A)」

紫外線A波は、1年中多く降り注いでいる紫外線で、生活紫外線とも呼ばれています。
地上の紫外線の9割を占めており、真皮中層まで到達
真皮の弾力を保つ物質を変性させて、しわ・たるみを引き起こします。
メラノサイトを活発にさせ、肌の黒化やしみ・そばかすの原因にも。
1年中気を抜かずに対策する必要がある紫外線です。
紫外線A波への防御力は、PAで表されます。
紫外線A波はガラスや雲も通り抜けるので、天気を問わず、家にいるときもPAが入っている化粧品を付けるのがおすすめです。

使い心地がよく伸びがいい「ケミカル(紫外線吸収剤)」

日焼け止めを選ぶ際には、ケミカルかノンケミカルか、というのも重要視されます。
ケミカルとは、紫外線防止成分として紫外線吸収剤を使っている日焼け止めのことです。
紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して肌を守ります。
透明性が高く白浮きしにくい上、伸びがよく塗り心地がいい、汗で崩れにくいなどのメリットがあります。

ケミカルのデメリットは、刺激が強く敏感肌にはあまり向かない点、アレルギーの原因となる可能性がある点です。
アレルギーが気になる方は、特にオキシベンゾン、オクトクリレンという成分に注意が必要です。

ちなみに、ハワイではオキシベンゾンとオクチノキサートを配合した日焼け止めが販売禁止となっています。
この2成分は、サンゴ礁に有害とされているためです。
自然環境に関心のある方は、日本の海で遊ぶ際もこの2成分を避けてみてもいいかもしれません。

刺激が少ない「ノンケミカル(紫外線散乱剤)」

ノンケミカルは、紫外線防止成分として紫外線散乱剤を使用している日焼け止めのことです。
紫外線を反射・散乱して跳ね返すことで肌を守ります。
刺激が少ないため、肌への負担を避けたいとき、敏感肌におすすめです。

汗や水に強い「ウォータープルーフ」

ウォータープルーフは、日焼け止め以外のジャンルの化粧品にも使われることが多い言葉です。
ウォータープルーフは耐水性を表す言葉で、汗や水などをはじき、メイク崩れや日焼け止め効果が下がるのを防止する効果があります。
落ちにくいのはメリットですが、落としにくいというデメリットの裏返しでもあります。
製品によっては、石鹸などでは落ちず専用のクレンジングが必要な場合もありますので、日焼け止めを購入する際には落とし方もチェックしてみてください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
化粧品・コスメ・香水から美顔器などの美容家電・美容グッズ買取サービス
化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

関連記事

コメントは利用できません。