破れ・汚れ・強い使用感など痛みのあるバッグ・財布などその他ブランド品を誠実買取!
他の買取店に断られた方もお気軽に!詳しくはタップorクリック!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはタップorクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

エルメス(HERMES)のバッグの真贋の見分け方、品名の命名規則をご紹介!

エルメス(HERMES)は、1837年創業の老舗ハイブランド。
伝統と革新性を併せ持ち、王侯貴族や世界中のセレブたちからも愛されています。
バーキンやケリーなど、有名人との逸話があるバッグも多いですね。
そんなエルメスですが、その人気ゆえに残念ながら多くの偽物やコピー品が出回っています。
今回は、エルメスの真贋の見分け方や、知っているとエルメスつになれる品名の命名規則をご紹介します。

引用元:レディス バッグ&スモールレザーグッズ レディスバッグ&クラッチバッグ | エルメス | Hermès – エルメス-公式サイト

真贋を見分けるポイント

ブランド品には、真贋を見分けやすいポイントがあります。
いくつかのポイントを押さえて、本物か見極めてみましょう。

刻印

バッグやウォレットなど、エルメスのレザー製品には必ず刻印が刻まれています。
この刻印には、製造年や職人番号などの情報が含まれています。
刻印はエルメスの製品にとってとても重要で、もし本物であっても刻印が傷みなどで消えてしまうと偽物扱いされてしまう場合も。
エルメスのレザー製品を手に取ったら、まずは刻印を確認しましょう。

スナップボタン

エルメスのバッグ類などに使われているスナップボタンの内側には、模様や文字が入っています。
偽物の場合模様や文字が入っておらず、つるっとしています。
細かい部分ですが、真贋がわかりやすいです。

縫製

エルメスのバッグには、職人の技がふんだんに使われています。
非常に精巧に作られた偽物でも、やはり職人技までは真似できないようです。
エルメスのバッグはミシンが使われている部分もありますが、職人の手作業でサドルステッチやクウジュ・セリエなど難しい技法が使われている部分も。
偽物はそこまで真似できませんので、縫製に着目すると真贋を見分けやすいです。

箱や保存袋の色

エルメスのスーパーコピー品は非常にクオリティが高く、本物と見比べないと違いが判らない場合も。
そんな時は本体ではなく、箱や保存袋などの付属品に着目してみましょう。

偽物の箱や付属品は、本物とは色が違う場合が多いです。
エルメスの保存袋は白またはベージュ、古い製品だとオレンジっぽい色です。
偽物の場合色が異なっていたり、素材が安っぽかったりします。

箱の色も、本物と色の濃さが違う場合が多いです。
文字やロゴで見分けるのは難しいので、色に着目して見てください!

においや手触り

オンラインで購入する場合には難しいですが、実際に手に取ることができる場合は五感を活かして真贋を見極めるのがおすすめです。
まずはにおい。
本物のエルメスのレザー製品は牛革などを使用していますが、偽物は合皮の場合が多いです。
合皮にはゴムや接着剤に似た刺激臭があり、本革とは異なるにおいがします。

また、バーキンなどについている金具を回した感触も真贋を見極めるポイント。
偽物はとても軽くスムーズに回りますが、本物は若干抵抗感、重さを感じます。
知らないと見逃してしまいそうなポイントですが、見極めには非常に有効です。

ギャランティカード

ブランドバッグには、本物であることを証明するギャランティカードがついてくる場合があります。
しかし、エルメスにギャランティカードは存在しません。
エルメスの製品を購入してギャランティカードがもしついてきたら、その時点でそれは偽物だとわかります。
ルイ・ヴィトンもエルメスと同じく、ギャランティカードがないブランドです。

エルメスの命名規則

家電製品などに型番がついているように、ブランドバッグや財布にも型番がついている場合が多いです。
型番がわかれば検索もしやすくなり、購入・売却にも便利。
お気に入りのアイテムの型番を知りたい、という方も多いのではないでしょうか。

エルメスの製品には、型番が存在しません。
他のブランドと違いエルメスは数十年以上同じデザインで販売され続けているロングセラー製品が多く、型番がなくても問題なく製品の管理ができるようです。
エルメスだからこそできる技ですね!

エルメスの命名規則は、バッグの種類、ライン名、サイズの順番になっています。
バッグの種類はクラッチバッグ、バッグなど形状。
ライン名はバーキン、ケリーなどバッグのシリーズ名です。
サイズは数字で表す場合もあれば、PM、GMなど英字で表す場合もあります。
数字で表すシリーズはバーキン、ケリー、ボリードなど、英字で表すシリーズはガーデンバーティ、ピコタンなどです。

ネットショップ、買取業者などで使われている命名規則

ネットショップや買取業者など非公式の場でエルメス製品を取り扱う場合には、商品名にライン名、サイズ、カラー、素材などの要素が使われます。
カラーは青や黄などではなく、アメジストやルージュ・ピマン、マグノリアなどちょっと凝ったネーミングとなっています。
直感的な色で検索するのは難しいので、エルメスのカラーカタログを掲載しているウェブページなどを参考にするといいでしょう。

素材も、レザーだけでもたくさんの種類があります。
型押し加工がおこなわれているもの、レザーならではの手触りを楽しめるもの、牛ではなくクロコダイルなど様々な動物の皮を使ったものなど。
素材ごとの質感を一覧で見ることができるウェブページもありますので、ぜひチェックしてみてください。

カラーカタログや素材カタログで好みの色・質感が見つかれば、あとは簡単に好みのアイテムを探せるのがエルメスの大きな魅力。
もしかしたら、運命のアイテムにも出会えるかもしれませんね。

その他ブランドの真贋・命名規則

その他のブランドの真贋や命名規則に関してもご紹介しております。
気になるブランドがございましたら、ぜひチェックしてみてください。

シャネル(CHANEL)のバッグの真贋の見分け方、型番・品番の命名規則をご紹介!

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のバッグの真贋の見分け方、型番・品番の命名規則をご紹介!

グッチ(GUCCI)のバッグの真贋の見分け方、型番の命名規則をご紹介!

プラダ(PRADA)のバッグの真贋の見分け方、型番の命名規則をご紹介!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
化粧品・コスメ・香水から美顔器などの美容家電・美容グッズ買取サービス
化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

関連記事

コメントは利用できません。