痛みのあるブランド品買取サービス概要
破れ・汚れ・強い使用感など痛みのあるバッグ・財布などその他ブランド品を誠実買取!
他の買取店に断られた方もお気軽に!詳しくはタップorクリック!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
中古コスメ・使用済みコスメの買取サービス概要
化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはタップorクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

19世紀(1800年代)に設立した有名ブランドをご紹介!ヴィトン、ブルガリ、エルメスなど♪

ブランドのバッグやアクセサリー、洋服は、見ているだけで気分が上がります。
何の知識も持たずに見るブランド品も美しいですが、そのブランドの背景にある歴史を知ると、もっといろんな角度から楽しめるようになります。
今回は、19世紀(1801年~1900年)に誕生した人気ブランドをご紹介します。
19世紀は、日本は江戸時代から明治時代へ移行し、大きな変化があった時期。
世界的に見ても、産業革命や帝国主義の台頭など、激動の時代です。
そんな時代に生まれ、100年以上の長い月日が経っても愛され続けているブランドたち。
知れば知るほど、もっと好きになるはずです!

リサさん(お客様)
せっかくハイブランドを使うなら、老舗を選びたいです!
リライフクラブ 三浦
それなら、19世紀に誕生したブランドがおすすめです!

ルイ・ヴィトン

引用元:ウィメンズ ギフトセレクション 時を超えて愛されるアイテム カタログ|ルイ・ヴィトン 公式サイト

ルイ・ヴィトンは、フランスのスーツケース職人であったルイ・ヴィトンが1854年に創設しました。
ヴィトンの最初のお店は、世界初の旅行用カバン専門店でした。
経営は順調で、1960年から規模を拡大、1867年にはパリ万国博覧会で銅メダルを獲得し、これをきっかけに世界的な人気ブランドとなりました。
1883年には、板垣退助がパリ本店でトランクを購入。
このトランクはいまだに現存しており、日本人の購入したヴィトン現存品では最古のものです。

引用元:次の項目の検索結果: ダミエ |ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンは日本との関りが深いブランドで、日本の伝統的柄がモチーフのデザインも複数あります。
1つ目は、1888年に考案された「ダミエ」
市松模様がモチーフで、モノグラムと同じように薄いブラウンと濃いブラウンを組み合わせたデザイン。
近年は白と青、黒とグレーなどバリエーションが増えており、人気も上昇してきています。

引用元:次の項目の検索結果: モノグラム |ルイ・ヴィトン

2つ目は、ブランドを代表する柄のモノグラム
ダミエが単純な模様で偽造されやすかったため、偽造防止のために1896年に考案されました。
当時はヨーロッパでジャポニズムが流行しており、モノグラムの柄は日本の家紋がモチーフになっているといわれています。
日本人がモノグラムを特に好む理由は、デザインのルーツにあるのかもしれませんね。

1987年に、ルイ・ヴィトンとモネ・ヘネシーが合併し、LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループが誕生しました。
ディオール、ジバンシイなど60近くの高級ブランドを傘下としており、世界最大のファッション業界大手企業帯と言われています。
今後もルイ・ヴィトンは、ファッション界をリードしていきそうですね。

ブルガリ

引用元:イタリアの高級ジュエリー、時計、高級品 | ブルガリ

ブルガリは、ギリシャ系イタリア人のスティリオ・ブルガリが1884年に創業したブランドです。
現在はLVMHグループに属しています。

スティリオ・ブルガリはギリシャのエピルス出身。
エピルスは古代ローマ時代から銀細工が盛んで、彼の一家も代々銀細工師でした。
バチカン戦争をきっかけにイタリア移住してからも彼は銀細工職人を続け、イタリアでも人気に。
1884年にはお店を出すことになり、ブルガリの歴史がスタートします。

はじめはジュエリーが中心でしたが、1977年から腕時計の製造をスタート。
2000年代以降は香水、バッグ、財布などの取り扱いもスタートし、幅広いジャンルで人気を誇っています。
さらにはリゾート経営も行っており、東京でも2022年に開業予定。
レストラン・カフェの経営、チョコレートの販売も行っており、いろんなシーンでブルガリの世界観を楽しめます。

エルメス

引用元:レディス バッグ&スモールレザーグッズ レディスバッグ&クラッチバッグ | エルメス | Hermès – エルメス-公式サイト

エルメスは、ティエリー・エルメスが1837年に創設したブランドです。
現在のエルメスはバッグなどファッションアイテムでおなじみですが、最初はなんと馬具工房だったんです。
だからブランドロゴに馬車と従者が描かれているんですね。

ブランドを創設したティエリー・エルメスの孫、3代目オーナーであるモリス・エルメスは、自動車の発展による馬車の衰退を予想して、馬具メーカーから事業の多角化を目指しました。
1892年には、馬具の技術を生かした最初のバッグ サック・オタクロワを制作。
現在はオタクロワと呼ばれており、バーキンなどと並んで有名なアイテムです。
1900年代に入ると腕時計、アクセサリー、香水なども取り扱うようになりました。

エルメスは日本で非常に人気が高く、売り上げはアメリカ、フランスに次ぐ第3位
世界売り上げの13%を日本が占めており、人気の高さがうかがえます。

2013年には、ヒュンダイ自動車とのコラボ「エクウス by エルメス」がモーターショーに出品されました。
もともとはライバルだった自動車ブランドとのコラボは、エルメスの歴史を知っていると感動的ですね。

ティファニー

引用元:新しいジュエリー | Tiffany & Co.

ティファニーは、1837年にニューヨークでスタートしたブランドです。
同年のフランスでは、エルメスも創業しています。
1837年は、ファッション界にとって特別な年だったようですね!

ティファニーは創業当初はティファニー&ヤングという名前で、創業者のチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・バーネット・ヤングの2人の名前からとられています。
当初は文房具や装飾品を取り扱うお店でした。
現在のお店ではすべての商品に値札をつけて売るのが主流ですが、当時は時価で売るのが当たり前。
でもティファニーは、現代のお店と同じように、商品に値札をつけて値下げ交渉に応じないというスタイルをとっていました。

ティファニーといえばジュエリー。
1843年にヨーロッパから輸入したゴールドジュエリーの販売開始、1848年には、フランスの二月革命をきっかけに、ダイヤモンドをはじめとした宝石事業に本格参入しました。
宝石事業は大成功し、このころからティファニーといえばジュエリーというイメージがつくようになりました。
1851年にはニューヨークの銀細工師ジョン・C・ムーアの事業を買収し、銀製品の取り扱いもスタートさせました。

1853年には、チャールズ・ルイス・ティファニーが会社の全権を握り、社名が「Tiffany & Co.」となりました。
ティファニーを象徴する色「ティファニーブルー」がカンパニーカラーとして始めて使われたのもこの時です。
ティファニーブルーはもともと、1845年にスタートしたメールオーダーカタログ「ブルーブック」の表紙に使われていた色。
メールオーダーカタログをアメリカで初めて発行したのもティファニーなんですよ!

ティファニーはジュエリー以外にも、ウォッチやアクセサリー、ホームアイテムなど幅広いアイテムを取り扱っています。
ベビー向け、キッズ向け商品もあり、小さなお子様にとっても身近な存在になれるブランドです。
ベビーギフト、ファーストジュエリー、エンゲージリングと、人生のイベントに寄り添うアイテムがラインナップされていますので、親から子、子から孫へと、素敵な思い出を受け継いでいくことができます。

バーバリー

バーバリーは、1856年のイギリスでトーマス・バーバリーが設立したブランドです。
創業者のトーマス・バーバリーはまだ21歳。
彼は自らを「洋服の革新家」と呼ぶ自信家でした。

引用元:トレンチコート | バーバリー

バーバリーのアウターは品質も品ぞろえもよく、すぐに人気に。
1879年には、農民が汚れを防ぐために服の上にはおっていた上着をヒントに新素材「ギャバジン」を発明しました。
これまでのアウターは着心地が悪く重いものが主流でしたが、ギャバジンは軽くて丈夫、耐水性にも優れていました。
ギャバジンは一般市民にはもちろん、軍人や冒険家たちにも愛用されました。

今でも冬場のファッションに大人気のトレンチコートの前身は、バーバリーが1895年に製造した「タイロッケンコート」です。
素材にギャバジンを使っており、ボタンがついておらずベルトを留め具で固定して着るのが特徴です。
1914年の第一次世界大戦で、塹壕(トレンチ)での戦闘に合わせてタイロッケンコートに修正を加え、トレンチコートが誕生しました。
トレンチコートは英国陸軍に正式採用され、大戦中に50万着以上着用されたそうです。
終戦後には軍人だけでなく市民にも広がり、今もなお愛され続けています。

引用元:ウィメンズ スカーフ | バーバリー

バーバリーの代名詞となっている「バーバリーチェック」は、1924年にトレンチコートの裏地に使われたのが最初です。
1967年に初めて裏地以外としてスカーフやバッグに使われ、現在ではバーバリーを象徴する柄となっています。
近年はデザインも多様化しており、人気がさらに高まってきています。

カルティエ

引用元:カルティエ デスティネ 婚約指輪 ダイヤモンド:価格&モデル – カルティエ

カルティエは、1847年にルイ=フランソワ・カルティエが、師であったアドルフ・ピカールからジュエリーブティックを受け継いだのが歴史の始まりです。
彼は宝飾品のデザイナーとしての才能と職人としての技術、ビジネスマンとしての才能を兼ね備えた人物でした。

カルティエ1853年に、ヌーヴ・プティ・シャン通りに個人顧客を対象としたブティックをオープンします。
彼は修業時代からこの場所にブティックを開こうと考えていました。
ヌーヴ・プティ・シャン通りは名門オルレアン公の館から近く、社交の場としてもよく使われていました。
宝飾品に興味がある人々の往来が多い場所に店を開くことで、人気・売り上げアップを図ったんですね。

1859年には、パリ2区イタリアン大通りに移転。
当時のパリは世界で最も美しい街と呼ばれており、着飾った富裕層が多く訪れていました。
そうした場所に店を構えることで、カルティエはパリの富裕層に欠かせないブランドへと成長していきます。

カルティエの宝石は、世界中の王族たちから愛されています。
フランス、イギリス、モナコをはじめ、多くの国の王室御用達。
イギリスのエドワード7世は、カルティエに対して「王の宝石商、宝石商の王」という言葉を残しています。
一般の方からは、婚約・結婚指輪として選ばれることが多いです。
婚約指輪としてカルティエのダイヤモンドリングをプレゼントしてもらえたら、最高に幸せになれそうですね。

記事作成日:2020年12月4日
記事更新日:2020年12月11日

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
化粧品・コスメ・香水から美顔器などの美容家電・美容グッズ買取サービス
化粧品・香水・美容家電や美容関連グッズの買取はお任せください。
使いかけでもOK!細かな査定結果をご連絡します!詳しくはクリック!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

関連記事

コメントは利用できません。