※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

3年前に購入したもので、本体の重さが約6kgあり、ベビーカーの中ではやや重めです(今は同じモデルでももう少し軽いものが出ているかもしれません)。反面、頑丈で、耐荷重量も15kg以下と、子供がかなり大きくなっても乗せられるのはとても助かります。現在は0歳の下の子がメインで使っていますが、遠出した時などで、上の子供が疲れて歩きたがらない・途中で眠ってしまった時などは、下の子を抱っこ紐に移し、上の子をベビーカーに乗せるということもできて助かります。

実際、今上の子は3歳半になりますが、まだ体重は14kg未満で、周りのママさん方が「もう上の子はベビーカーには重量オーバー」と言っていますが、うちはまだまだ乗せられそうです。電車やバスなど公共機関での移動が多い場合は、自分がベビーカーを担ぎ上げるシーンもありますので、本体の重さは軽い方がいいかもしれません。私も購入当時、軽いベビーカーにすべきか迷いました。けれど価格帯が割安な軽いベビーカーは二輪駆動ばかりでした。

このディアクラッセは、オート4キャスという4名前の通り、4輪すべてが360度回転するので、ハンドル操作がとても楽です。角を曲がる時もとても曲がりやすいし、片手に荷物を持っていたり、上の子の手を引いている時などは、片手で操作しますが、全く苦になりません。

エッグショックという、特殊なクッションをシートに採用しており、走行中の振動から赤ちゃんの頭を守り、乗り心地を良くします。そこまで気にする必要はないかも知れないと、購入当時は思いましたが、実際に散歩などに出てみると、車道から歩道に上がる時、少しスロープにしているとはいえ全く平らにつなげてくれている道はほとんどありません(横断歩道を渡って歩道に移る時などを想像してみるとわかりやすいかもしれません)。

なので、歩道に上がるたびにいちいち衝撃が来るし、ひどいとスロープにすらしていない道や、ガタガタの道もたくさんあります。赤ちゃんを連れて、どこに出向かなきゃならなくなるかなど、産んでみなくてはわからないので、衝撃を吸収する機能が付いているに越したことは無いと思います。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス