※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

上の子が1歳10カ月の時に、下の子が生まれました。
その時、下の子が自転車の前のイスに乗れるようになるまで、これからどうやって二人を連れて出かけるのかなと思ってました。
自分の想像では、下の子をベビーカーに乗せるとして、上の子は私と一緒にてくてく歩き、疲れたら二人ともをベビーカーに乗せればいいのかな、という感じで思ってました。
どちらも男の子なのですが、実際には下の子がベビーカーに乗るのは想像通りでしたが、上の子は私と一緒に隣を歩いたりなんかせず、訳のわからない方向に突然走り出したり、ほんとに危なっかしい歩き方(ほぼ走っているか止まっているかで、あんまり歩かなかった記憶がある)で、想像とは全く違っていました。

上の子が走り出したからと言っても、ベビーカーから手を話せるのは平坦で車の通らないところと限られているので、このままでは上の子も下の子も危ないなぁと悩んでいました。
私も出かけるのがストレスになっていました。

上の子が突然走り出して車にひかれたらどうしようと心配するのにも疲れるし、でもスーパーには行かないといけないし、モヤモヤ考え事をしながら過ごしていました。
ある日、いつものようにまたベビーカーに次男を寝かせて長男と手を繋ぎながらベビーカーを押して歩いていました。
その時、だいぶ離れたところで小さい子を連れながらベビーカーを押して歩いているお母さんを見かけました。
その小さい子が、ベビーカーとお母さんの間に、ちょこんと立ったまま移動しているのです。
初めて見た時はビックリしました。

一体あの子は何に乗ってるんだろう、と、じっと見てしまいました。
家に帰ってからもその乗り物らしき物が気になって仕方なく、パソコンで調べてみたら、バギーボードという道具だとわかりました。LASCAL ラスカル バギーボード

すぐに購入。

うちの子は走りたがりなので、道で見かけたあの子供さんのようにじっと立っていてくれるものなのか不安でしたが、実際にベビーカーに装着してみたら、ものすごく喜んで立ってくれました。
立ってるだけで私に運ばれるのが面白かったようで、外に出かけたがるし、突然走り出したりしなくなったので、私も怒らなくなり、お互いに良かったように思いました。
下の子がいないなら不必要ですが、あったらお出かけも面白いです。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス