女性のための総合情報サイト

30代女性の困り事:自分の睡眠時間やお風呂の時間がなかなかとれなかったことに困っていました。

第1子が産まれて私が困っていたことといえば、睡眠時間が思うようにとれなかったこと、そしてお風呂の時間が上手く取れなかったことです。
主人が仕事で出張ばかりで、帰ってきても夜遅くばかりで頼ることが出来ない状態なので、ほぼ一人で育児(近くに祖父母宅はあるので、時々助けてはもらっています。)しています。
上の子は、夜中も何回も起きる子でした。育児書にあるように、3時間おきに授乳なんてとんでもない!そんなに寝てくれません。大抵1時間半くらいしたらもぞもぞ…。まれに3時間弱寝てくれる時もありましたが、そんなときはやっぱり、ちょっとよく寝た感がありました。3歳の誕生日まで夜だけおっぱいから離れていなかったので、夜中もぞもぞ…が続いていました。子供が寝たから、この隙にちょっとシャワーでも…と風呂場に行くと、何か感ずるのか途中で必ずといっても良いほど泣き出していました。
日中もぴったりで家事もなかなか手につかず、だっこ紐もおんぶ紐もベビーカーも嫌い、素手だっこばかり求める超甘えん坊な長男に、かなり苦労しました。
そんな彼も数年後、弟ができ兄になりました。長男の時には相当苦労したので、次男の時はどうなるかと思っていました。そんな中考えて実際にやってみたことがあります。

夜は子供達と一緒に寝てしまう!

もちろん、次男も夜中にもぞもぞ起きます。しかし、私も同じ時間に子供達と一緒に寝る体制をとってしまうことで、睡眠不足は大きく改善されたように思います。昼間うとうとしてしまうことも少なくなりました。その上、子供もうまくリズムがついたのか、大体決まった時間に起きて決まった時間に寝てくれます。現在1歳半ですが、夜中に起きて遊びだしてしまう事も今までにほぼありません。お風呂も何とか一緒に済ませてしまう事で、入りそびれる事も無くなりました。
子供の性格の違いもあるかもしれません。しかし、睡眠時間(睡眠体制?)をできるだけとることで、日中も過ごしやすくなり、家事もはかどるようになりました。”

関連記事

コメントは利用できません。