※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

ハイハイ期、歩き始めた頃から台所で作業をしているとリビングダイニングから移動してくるように。
また、引き戸を開けられるようになるといつの間にか廊下にいるケースがありました。
廊下までなら良かったのですが、そのまま玄関まで行ってしまうケースもしばしば。
玄関に落っこちて大泣きしてしまったり、知らないうちに玄関に降りた後に上がってくるケースもあり足の裏が汚れていたりしていました。
子供の成長ですから動きたい衝動を抑える事はしたくなかったのもあり、行き止まりを作るしかありませんでした。
日本育児の「おくだけとおせんぼ」は好きな場所に置け、子供たちが危ない場所に行けないようにするには一番の商品だと思います
ただし、「おくだけとおせんぼ」は2歳までの使用となります。

また、「おくだけとおせんぼ」をパパママが通る場合は跨いで通るしかない為、トイレなどの用事で慌てて廊下へ出る際など引っかかってしまうケースもありました。
そこで引き戸という事もあり「突っ張り棒」で開かないように固定してみました。
扉が開かなければ当然子供も廊下へ出る事が出来なくなるので、思わぬ事故などが起こる可能性も抑えることが出来ました。
そして数か月後、あんなに頻繁に開けていた引き戸でしたが「突っ張り棒」により開けられないという事を学習したのでしょうか、
全くと言っていいほど引き戸を開ける事が無くなりました。
100円ショップで購入した「突っ張り棒」が我が家では一番の費用対効果を発揮しました。

アンケート「育児でのおすすめ道具・グッズ」30代男性からの回答
——–

こちらの記事は個人の感想や体験談となりますので、参考にする際には必ずご自身での安全の確認などを行ってください。
当方では、参考にされた際に起きた事象につきましては、一切の責任を負うことができませんので、ご了承ください。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス