※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

意外に好きな色と似合う色って一致しないこと、多くありませんか?
自分に合う化粧品の選び方って?と思われている方も多いかもしれません。
知人が使っている化粧品が「いいなー」と思って、自分も使ってみたけれど、なんだか仕上がりが違う。
そんな風に悩んだことはありませんか?

ベースカラーの判断の方法
イメージ:著者 slumberingheart

それはもしかして、知人の方と貴方のベースカラーが違うところからきているのかもしれません。

ブルーベースとイエローベースの特徴とベースカラーの判断基準

当たり前のことではありますが、人はそれぞれ生まれ持ったお肌の色が違います。
日本人に会うことが多いと言われている化粧品のベースカラーは、ブルーベースとイエローべースと言われているものです。
ブルーベースは青みがかった白い肌、イエローベースは黄みがかった肌のことを指します。自分はどちらなのかわからない人もいらっしゃいますよね。見分けかたですが皮膚の薄い部分(手首の内側など)の血管の色で判断することができます。透けて見える血管が青色や赤色に近ければブルーベース、緑色に近ければイエローベースになります。

それぞれに合うファンデーションの系統ってなに?

ブルーベースとイエローベースではそれぞれ合う化粧品が変わってきます。
まずブルーベースに合うファンデーションはピンク系やオークル系です。寒色に近い色を含むことでお肌の透明感を際立たせることができるからです。イエローベースに合うファンデーションはオークルやベージュ系です。黄色寄りの色味を使う事で自然にあたたかい仕上がりにできます。

ポイントメイクは?

ブルーベースの人が使うポイントメイクはビビッドな青やローズピンクが合います。白く透明感のある肌なので濃い色のものが映えます。
イエローベースの人はブラウンやオレンジなど、あたたかく優しい色が合います。際立った色のものより自然と馴染むので優しい印象に仕上がります。

自分のベースカラーをきちんと把握して、似合う色のメイクを心がけてみましょう。

-参考サイトご紹介-
ベースカラーから学ぶ「似合う色メイク」の方法
自分の肌に本当に合う化粧下地カラーの選び方とは

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス