※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

たまのおでかけにお化粧をする程度ならまだしも、
仕事や長時間の外出に、と連日続けてお化粧をするせいか、
だんだんと肌があれ、自分に合っているものはどういった色なのか、
どういったメーカーなのかと気になるようになりました。
私は元々肌が弱いのもあり、肌が弱い方向け、という文字をどうしても探してしまいます。

ただ、それでも実際に使ってみると
基礎化粧等は特に肌が荒れ、できものができたり、
酷いときは、一日使っただけで水膨れのようになってしまい、
病院へ駆け込んだこともあるほどです。
それからは、手首の、それも内側の方につけて、
一日おいてみて何も変わりがなければ購入するようにしています。

割と、その場で試してすぐに大丈夫だと思う方が多いですが、
一日のはじまりの元気な頃は平気でも、疲れがたまるにつれて
肌の調子も悪くなるのか、夕方から夜にかけてチクチク、ひりひりすることも
決して少なくないからです。
他には、例えばファンデーション一つとっても、
リキッドなのかパウダーなのかによってもイメージが変わるし、
色等も一覧の色見本を見たってわかるものではなく、
試さずに買って顔が真っ白く浮いて見えた事もあります。

そういった失敗を経て、今ではまず手首に少しつけてみて、首元にもっていって、と
試すようになりました。
これは、ファンデーションに限らず、チーク、アイライナー、アイブロウ、リップカラーといった
色が複数あるものにも同様に使えます。
色の組み合わせがいまいちよくわからないときは、紙に実際に重ね塗りしてみると良いと、
以前お店の方に言われたことがあります。
何度も繰り返すことによって起こる肌荒れ覚悟で、自分の顔で試すしかないんだと
覚悟していた私にとっては正直驚きの方法でした。
これからも色々試行錯誤を繰り返して、上手にお化粧と付き合っていきたいですね。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス