※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s
できてしまったほほの法令線、10歳プラスの老け顔に見せる原因です。より若々しくエネルギッシュな印象を目指す方のために、法令線を薄くするフェイスエクササイズを2つ紹介します。ほほのリフトアップ効果も期待できて、アンチエイジングを目指すにはもってこい。周りに内緒でチェックして、差がつく表情に近づきましょう。

一つ目のエクササイズは、お箸を使ったトレーニング。割り箸を横向きに口にはさみ、口角を持ち上げます。お箸を噛みながら笑顔を作るイメージです。笑うときのポイントは、歯が見えるくらい大きく横に伸ばす事。唇が伸びれば伸びる程、高い効果が得られます。

このエクササイズで鍛えるのは、表情筋。何も意識しないで生活をしていると、筋肉の30%程度しか使っていないと言われています。お休みしている筋肉に刺激を与えることで、本来の力を回復。ほほがきゅっと持ち上がるとお肌にハリがでてくるので、だんだんほうれい線が目立たなくなってきます。

二つ目は、舌を動かす運動です。お菓子屋さんのキャラクターのように舌を出し、唇の形に沿って動かします。右回りに20回・左回りに20回が1セット。朝・昼・夜と、一日3回が目標です。
道具を使わないので、気付いたときにすぐに実践できて非常に手軽。会社のお手洗いでこっそり行っても、周りに気付かれることはありません。

どちらのエクササイズも、はじめてすぐは頬に多少の痛みを感じるはず。痛みが強い程、表情筋を上手に活用できていない証です。逆を言えば、トレーニングを続けていけば、理想の状態に近づく可能性が高いということ。回数や頻度を調整しながら、できる限り毎日継続することが大切です。

クリニックや美容外科でケアを行う方もいますが、まずはセルフメンテナンスに挑戦すべき。普段の生活が変わらないと、高い費用が無駄になってしまうかもしれません。

法令線が気になって、好きなメイクを楽しめないとしたら、こんなに悲しいことはありません。2つのエクササイズでいつまでも衰えない美を目指しましょう。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス