※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s
<睡眠不足は美容の大敵>

睡眠の質を上げることは、美容にも大きな影響があります。
特に肌への影響は大きく、夜更かしをしたり、睡眠不足になると、肌荒れがひどくなってきてしまいます。

朝起きても、顔がむくんでいたり、目の下にクマができてしまうのも、十分な睡眠が取れていない証拠です。
しかし、睡眠時間を十分に取っていても、寝つきが悪かったり、熟睡できていない状態では、効果的な質の良い睡眠が取れているとは言えないでしょう。

<運動不足は睡眠の質を下げてしまう>

デスクワークなどでほとんど動かない生活をしていると、夜も眠りが浅くなってしまうことがあります。
これは運動不足によって、身体の新陳代謝が上手く行っていないことも原因の一つです。

毎日少しずつでも運動を行うようにすれば、凝り固まった肩や首などを和らげ、体力増加にも繋がり、眠りにつきやすくなる効果が期待できます。

また、就寝直前まで、パソコンやテレビ、スマホなどの光を浴び続けていると、頭が冴えてしまい、交感神経から副交感神経の切り替えが上手く行かずに、いつまで経っても眠くならない状態に陥ってしまいます。

また、ストレスや心配事があっても眠りに付きにくくなってしまいます。
夜寝る前は暗めの部屋でボーっとできる時間を取りたいものです。

<就寝前は眠りにつきやすい状態にする>

入浴も就寝1時間くらい前に済ませ、ゆっくりとくつろぎ、自然に眠くなる状態に持っていきたいものです。
そのためには、リラクゼーション効果のある音楽を聴いたり、眠りを誘うアロマやお香などの香りを楽しむのも良いかもしれません。

また眠りにつきやすいような、お茶を飲むのも効果的です。
ハーブティーの中でもカモミールティーはリラックス効果を高め、お休み前に良く飲まれているお茶です。

眠りにつくのが早くなれば、それだけ睡眠時間は長くなります。
そして、運動を行ったり、寝る前にリラックスできる状態になれば、睡眠も深くなり、質の良い眠りにつくことができるでしょう。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス