化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

幼稚園が食事の時はお箸使用だったため練習用に購入した子供用お箸EDISON MAMAの「エジソンのお箸」、お箸の指導で辛い思いをさせなくて済んだので大変気に入っています

子供が通う予定の幼稚園は、入園の時からお弁当はお箸使用が決められていました。

入園前にはお箸が自分で使えるようにしておかなければいけませんでした。
子供は3月生まれだったので、4月生まれの子供よりも約1年の差があり、どうしようかと非常に悩みました。
その時に出会ったのがEDISON MAMAの「エジソンのお箸」です。
お箸に指が通せる穴の開いた補助具が付いていて、自然にお箸の持ち方が身に付くというものです。
「エジソンのお箸」は、人差し指でお箸を持ちあげるというものなので、実際のお箸とは指の力の入れ方が異なるので、変な癖が付いてしまわないかなと心配もしました。
実際には、そういったことは補助具なしで普通のお箸に変えた初めの数回だけで、その後はきちんと指に力を入れて持てるようになりました。
今でもお箸の持ち方は非常にキレイで、「エジソンのお箸」で持ち方の正しい癖づけができたからだと感じています。

「エジソンのお箸」を持たせ始めた頃は、子供はスプーンやフォークではなく、大人と同じ道具を使って食べられるということに喜んでいました。

食べることにも積極的になったと思います。
少しでも早くお箸が上達するようにと、食事以外にも「エジソンのお箸」を使ったゲームなどもしていました。
お皿を2つ用意して、1つのお皿に子供の好きなお菓子を入れ、「エジソンのお箸」を使ってもおう1つのお皿にお菓子を移動させ、移動できたものから食べることができるというものです。
子供はゲーム感覚で楽しそうにチャレンジしていました。
子供が幼稚園に入園するころには、普通のお箸でお味噌汁のなめこをつかめるようになるほど、お箸の使い方が上手になっていました。
「エジソンのお箸」を取り入れることで、特別にお箸だけをレッスンするということがなく、毎日の食事の中で自然に上達していったように思います。
お箸の指導で子供に辛い思いをさせなくて済んだので大変気に入っています。
大人になっても、お箸がキレイに持てない人を見ると、どうしても気になってしまったいたので、子供のキレイなお箸の持ち方には非常に満足しています。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。