※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s
今回は、ファンデーション選びについて紹介致します。
今使っているメイクアイテムって、なかなか別の、新しいものにチェンジしようと思うことは無いのではないでしょうか?ファンデーションも次々と新しい魅力的な商品が出ますが、リップやアイメイクに比べて新商品に変えてみよう、という気持ちは他のメイクアイテムほどには出ないのではないでしょうか。
それはファンデーション選びの難しさが原因かもしれません。

・なぜ難しいの?
ファンデーションは気にいったものがあれば、「無くなったまた同じものを買う」。つまりリピートする確率が高いのです。下手に挑戦して失敗するなら、大きな不満が無い限り無難に同じものを買ってしまうのです。それはファンデーション選びに対するこだわりが、他のメイクアイテムよりもあるからだと思います。

・こだわりは?
ファンデーションを選ぶ際一番こだわるのは、やはりカラーではないでしょうか。女性はメイクの中で、特に色物(チークやアイシャドウ)ではないファンデーションといったベースメイクが浮くことをとても気にします。ファンデーションが白すぎで首と顔の色が違う、なんてことはご法度。ファンデーションが白浮きすることは、厚化粧に見えたり、老けて見えたりすることにつながるからです。特に最近のナチュラルメイクブームに置いては、ファンデーションによる白浮きなんて、絶対に許されないのです。

・どうやって選ぶ?
人の肌の色は千差万別。シミやくすみ、隠したいクマやそばかすにも皆、個性があるのです。しかしそんな肌に縫塗るファンデーションは、既製品。とうぜん合わないカラーもたくさんあります。メーカーによってまたは商品のラインによって、同じ「ナチュラル」でもカラーに差があることも。ファンデーション選びは、サンプルを貰うことから始め、1日着けて見て肌に異常が出ないか、とか時間とともにくすんでこないか、毛穴落ちやテカリはどうか、などを試します。その中で「カラーはばっちり合うけどモチが悪いので、頻繁に化粧直しできない私には向かない。」とか「乾燥肌でも潤いを補給してくれるテクスチャーだが、カラーがちょっと明るい」など、プラスもマイナスも理解したうえで選ぶことが大切です。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス