※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

抱っこ紐

通勤や買い物、料理や掃除などの家事中だが子供が泣き止まないときに使っていたが、泣き止む率がダントツに高かった。
公共の乗り物での移動時もベビーカーのように場所を取ることもなく、移動がスムーズにできる。
買い物のときも両手が使えるのでとても便利。

バギー

首が座らないと使えないが、ベビーカーと違って非常に軽量。
折りたたみ操作も簡単にでき、肩身が狭くなりがちな公共の乗り物への乗車降車が精神的にも肉体的にも楽。
ベビーカーも持っていたが、バギーが使えるようになってからはベビーカーを一切使用しなくなったほど。

ベビーチェア

色々なタイプがある。
ハイチェアの場合は木でできたしっかりとしたものが長く使える。テーブルもくっついているものだと食事の時の脱走を防ぐことができる。
ローチェアは音が鳴るものにすると少しうるさく感じることもあるが、子供はそれを喜んで座る。
ベルトがないものだと食事のときに脱走しやすく、年齢が上がってくると自分で移動させられるようになるため注意深く見張ることが大事。

歩行器

ハイハイ期から上手く歩けるようになるまであともう一歩!という時期に。
自分が行きたい場所に自由に動けるようになるため非常に喜ぶ。
テーブルと一体化しているものがほとんどなので壁にぶつかっても安心できる。
またテーブルが障害となり余計なものに触る心配も軽減する。
食事にも使える。
使える期間は短いがご機嫌になる率が高い。

音絵本

ピアノタイプや太鼓、木琴など色々な種類がある。
自分で音を鳴らして喜んだり、内蔵されている曲を聞いたりボタンを押して楽しんだりできる。
楽譜がついているものもあるのである程度成長すると、自分で内蔵曲を弾くことができるようになり嬉しがっていた。
使いすぎると音が割れたりしてくるが、3歳以上になっても使っていた。

仕掛け絵本

読み聞かせにも一人遊びにも活躍。
手触りを楽しめるものや立体的なものなど色々な種類がある。
色がはっきりした動物の絵本などは色と動物の名前をそれぞれ同時に教えることができる。”

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス