※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

夏は作物がたくさん太陽を浴びて、栄養たくさんの野菜や果物がたくさん収穫されます。

なので夏の美容法というと、私は夏野菜でアンチエイジングが一番好きで毎年行なっています。
特に5月から9月は紫外線も強く、日中日焼けしてしまった場合の肌へのダメージは大きいと言われています。
さらに紫外線は体を酸化させるので、しっかりケアをしないと、気がついたら老化が進んでしまって、取り返しのつかない事になりかねません。
そこで押さえておきたいのが、色の濃い野菜や果物を食べてアンチエイジングするという事です。
色素の濃い野菜には、強い抗酸化作用があり、美容にいいと言われています。
さて、抗酸化作用の強い夏野菜といえば、トマトが一番に思い浮かぶのではないでしょうか。
トマトの赤い色素のリコピンと呼ばれる成分は、アンチエイジングにとても有効だと言われています。
美肌効果はもちろんですが、その他にもトマトには、脂肪を燃焼させる効果もあり、手軽で身近な美容食品と言っても過言ではないでしょう。
次に注目したいのが、ナスです。ナスの紫色の皮にはナスニンという成分が含まれていて、強い抗酸化作用をもつと言われています。
ナスニンはアントシアニン系ポリフェノールの一種でアンチエイジングや美肌効果はもちろん、老化予防やダイエットにも効果があると言われています。
そして最後になりましたが、シミ対策に見逃せない夏野菜と言えばゴーヤです。

アンチエイジング効果が高いのはもちろんですが、ゴーヤにはビタミンCが沢山含まれていて、およそレモンの3倍とも言われています。

ビタミンCはシミの元となる、メラニンの生成を抑える働きをするとともに、シミになってしまったメラニン色素の着色を薄くしてくれる効果もあると言われています。
またビタミンCは紫外線から肌を守ってくれる効果があるので、紫外線予防にも最適と言えます。
ほかにもゴーヤにはカルシウムや鉄分が沢山含まれているので、老化防止にも効果があると言われています。
ということで、夏野菜は美肌効果もあり老化防止にとてもいいので、夏といえば夏野菜でアンチエイジングが、おすすめの美容法です。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス