※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

私が化粧品選びで失敗したことは、ファンデーションの色選びです。

もともと赤ら顔で、それに加えて肌荒れがひどくにきび跡もすごいので、下地はカラーコントロールで色を使って色を整えていますがその上に重ねるファンデーション選びで何度か失敗しています。
メーカーや種類でいろいろな色があるので、特にメーカーを変える時は手の甲で色を見ながら選ぶのですが、初めて購入するメーカーの時にかなり急いでいた為にちゃちゃちゃっと色を見て大丈夫だろうと購入したものがありました。
帰って使ってみたところ、だいぶ色が濃い!!
首との境目がくっきりでとても外に出れたものではありませんでした。
その時は夏場だったこともあり、いつもより手など出ているところが日に焼けていたと思うのですが顔に塗った色と首の色があわずに大失敗でした。
土地柄毎日運転をするので特に夏場、気を付けていてもどうしても手の甲が日焼けしてしまうのですが夏場にファンデーションを変えたのが初めてだったのでこれには盲点でした。
仕方がないので、陰影をつけるシャドウがわりに使っていましたがそれ以来ファンデーションの色選びには本当に慎重になりました。

それからはファンデーションを変える時は必ず試供品をもらい、色を試してから購入するようにしています。

時間があるときは美容部員さんにきちんとメイクをしてもらってアドバイスを受けながら選んでいますが、どうしても下地が違ったり特別明るい照明だったりと普段自分でしている化粧とは違うので美容部員さんに相談しても、その時には購入せずにとにかく試供品をいただいて自分の普段の手順で何度か化粧をしてから購入するようにしています。
季節ごとでファンデーションを変えるのもいいかなぁと思っているので、ちょっと手間ですが1年に4回ファンデーション選びを楽しめたらいいなと思います。
外に出た時に顔だけ浮いてしまわないように色選びには人一倍慎重になっています。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス