※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

100円ショップのダイソーで売られているシールブックが子供にうけました。

2歳の頃、だんだん自我が出てくる頃でスイッチが入ると欲求が通るまで叫びだす事が多かった時期です。
レストランや公共交通機関利用時に静かにさせる為にダイソーのシールブックが役にたちました。
あらかじめ準備しておいて遊ばせる事が多かったです。
色々な種類がありますが、一番気に入っていたのが福笑いのように顔に目や鼻や口といったパーツを自分で貼るものです。
どこに貼っても面白い顔になり, 親も子供が作った顔を見て笑えます。
シールは何回か貼っても剥がしてまた違う所に貼れるようになっていて100円なのに本当によくできています!
静かにしてもらいたい時に親子で楽しめるアイテムです。
次に役に立ったと思うのはスマホ用のアプリです。

クリップボックスという物で、ユーチューブなどで動画を検索してダウンロードしたものを保存しておけるアプリです。

これがあればインターネット環境にいない時でもアプリにストックされている動画を見せる事ができます。
スマホの容量は取られてしまいますが、お気に入りの動画をいれておけばいざという時も安心です。
すぐに飽きてしまう子供も「じゃあ次はこれ見る?」とポンポン新しい動画を出せるのもいいですね。
それにインターネット環境を必要としないので、動画が止まってしまったとかそういう心配もありません。
レストランで久々に会ったお友達と話をしたい時にずっと子供の相手しているのは大変です。
そんな時には食べ終わった後に少し見ていてもらっていました。
その他にもどうしてもベビーカーに乗って欲しい時( 急いでいる時や、チョロチョロすると危ない時や、スーパーでササっと買い物を終わらせたい時など) にベビーカーに乗せると機嫌が悪くなって泣きわめく時があります。
そんな時にも「これ見ている間に終わらすからね」ときちんと説明して使うようにし、実際子供は落ち着いて動画を見ていたので、大変役立ちました。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス