※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

かなりの敏感肌なので、化粧品選びはかなり苦労します。

スキンケア化粧品をはじめ、メイクアップ化粧品は、刺激の弱いものを使うようにしています。
そのため、選ぶ際には無添加、低刺激といった言葉が入っている化粧品に目がいきがちです。
しかし、その言葉に踊らされて、失敗したことがありました。
最近では、敏感肌用のものや、肌へのやさしさを考えた化粧品が数多く販売されるようになりました。
それによって、無添加化粧品、低刺激といった言葉が入った化粧品を沢山見かけるようになりました。
敏感肌の肌質である私にとっては嬉しいことです。
最初のうちは、無添加、低刺激と書かれていれば、誰においても肌に刺激を感じずに使えるものだと思い込んでいました。
そのため、ある有名メーカーの無添加化粧品一式を購入してみたのです。
しかし、使ってみた結果、ピリピリしたり、赤くなったりといった肌への刺激を感じました。
この時初めて、無添加と書かれていても、低刺激であっても、必ずしも肌への刺激を感じないというわけではないのだということを知りました。
人によって、刺激を感じてしまう成分に違いがあります。

肌への刺激が比較的少ないとされる成分であっても、人によっては刺激を感じてしまうことがあるのだということを知りました。

結局、スキンケア化粧品一式を購入してしまいましたが、肌に刺激を感じたので使うことができませんでした。
この失敗以降、どんなに無添加、低刺激と書かれていても、必ず試供品などで試してから購入するようになりました。
私の場合、超がつく程の敏感肌なので、肌に刺激を感じずに使える化粧品を見つけるのがかなり大変です。
複数の無添加化粧品を試してダメだったことも何回かあります。
その中で、肌への刺激を感じずに使える化粧品を見つけた時は、本当に嬉しく思います。
多少価格が高いこともありますが仕方ありません。
肌のことを考えれば、これも必要経費なのだと考え、安心して使える化粧品を購入するようにしています。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス