※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

子育て中に役に立った道具は、西松屋で購入したお食事エプロンです。

お食事エプロンは、大きく分けて2種類あります。
撥水加工の生地でできていて、折りたたんで持ち運びやすいものと、固さのあるものです。
どちらにも深さのあるポケットが胸に沿うようについていて、これが食べこぼしをしっかりキャッチしてくれます。
初めて購入する時、2種類の違いがわからずかなり悩みました。
外食で主に使う方は、折りたためるタイプが使いやすいと思います。
私は主に自宅で使うつもりだったので、洗いやすそうな固さのあるタイプにしました。
実際に使ってみて、とても便利でなくてはならないものになりました。
子どもは食事の時にかなりこぼします。
後始末が大変さに、食事が憂鬱になってしまうこともありました。

お食事エプロンを使うと、ほとんどの食べこぼしをキャッチできます。片付けがかなり楽になり、子どもにのびのびと食事をさせてあげられるようになりました。

外出先でも肌身離さず持ち歩き、飲食の際には必ずつけるようにしていました。
外食で気になるのは、お店を汚さないかということです。
かなり神経を使うので、外食なんてしばらく無理だと諦めていました。
でも、お食事エプロンさえつけていれば、お店を汚すこともめったにありません。
壊れる度に買い替え、4,5個は買い直したと思います。
外出先で忘れた時は、ガーゼのハンカチをエプロン代わりにつけました。
でも、お食事ポケットのように立体のポケットがついていないので、気休め程度にしかなりませんでした。
折りたためるタイプのお食事エプロンを購入したこともあります。
ですが、撥水加工の生地は洗っても乾きにくく、ポケットとのつなぎ目から食べこぼしがこぼれてしまいます。
使いにくくて、それ以降は購入していません。
お食事エプロンは、離乳食開始と同時に準備することをおすすめします。
育児の疲れやストレスを少しでも減らしてくれる、なくてはならないグッズです。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス