化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

子供がぐずっるとスマホをあてがうママもいますが、私は絵本が情操教育に良いとされているので、小さいサイズの絵本、または音の出る本(アンパンマンの歌の絵本、のりもの、どうぶつ)を活用しました

病院やお店での待ち時間にサッと取り出せて子どもと一緒に遊べるまて、重宝しました。

子どもがぐずった時にスマホをあてがうママもいますが、周囲の目も気になりますし、子どもに見せるのに気がひけるため、また絵本は情操教育に良いと推奨されているため、活用しました。
少し荷物になるかもしれませんが重くはないので、0歳ならママの荷物に忍び込ませ、歩けるようになったら、子ども用のリュックに絵本を読ん入れて持たせるようにしました。
リュックが使えるようになれば、子どもも出かけるんだというテンションが上がりますし、お気に入りの本なら尚更自分で持ちたがりました。
絵本は、パラパラ見るだけでも面白いですし、子どもと一緒にやり取りをしながら見ることもできます。
少しの間でも本に集中できれば騒ぐこともありません。ちょっととした学習時間にもなります。

音の出る本は、周囲に迷惑のかからない場所であれば使っていました。

人の声が飛び交うような飲食店や飲食店の個室、公園ではボリュームを下げて使っていました。
音が出るので子どももその音や歌に惹かれますし、泣いていても耳を傾けるので泣き止むことが多かったです。
音とともに、ライトが光る絵本であれば更に良かったです。
耳だけでなく目も使うので、より一層絵本に釘付けになるので、親もしばらくはホッとできます。
音の出る絵本には、大抵親子で一緒に歌える歌や手遊び歌が入っているので、2、3歳の子どもとは一緒に手遊びしながら歌うこともできました。
音が気にならようなら、音の出ない絵本がオススメです。
どちらにしても、ポケットサイズか薄めの絵本であれば、さほどがさばらないですしサッと取り出せます。
そして、見る時も広いスペースが不要。
ママのお膝の上でもいいですし隣でもいいですし、オモチャみたいに広げなくて良いのもメリットでした。
落としても壊れる心配はないし、多少の汚れなら気にならないしで、どこにでも持ち運べます。
我が家では1歳の子どもにあてがったつもりが4歳の子どもが見ている、なんてことも多々あるので、何歳になっても楽しめるようです。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。