※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

傾斜枕は、子どものミルクの吐き戻しが多く、窒息しないようにという事で購入したのですが、とても役立ちました。

ちょっと目を離した間の不安の解消にもなり、実際吐き戻してもむせたりせず、吐いてしまったミルクはちゃんと横に流れていました。
また、寝返りが始まった頃にも大活躍してくれました。
使い方としては、例えば近くに小さな段差や棚があったりして、寝返りをさせたくない方向がある場合、傾斜枕を赤ちゃんと並べる(体の横に傾斜部分を差し込むような感じ)ように置いておけば、傾斜で赤ちゃんが寝返りを打てないという「寝返り返し」に役立ちました。

この頃は小さい段差がちょっとした障害になるので、足がついている棚の近くで寝返りを打って、角に頭をぶつけてしまわないように(私の子ははさまっていました…)、大人の布団を敷いてその上に寝かせたりしていた場合、落ちないように横に差し込んだり、何かと差し込んで利用していました。

傾斜枕を使っても乗り越えて寝返りを打てるようになる頃には、あちこちに転がることができるようになっているので「戻れなくて窒息しちゃうかも」とか「戻れなくて泣いちゃったら面倒だな〜」というような事も全然ありませんでした。
今思えば「寝返り返し」が筋トレみたいになっていたかもしれません。

1歳を過ぎても大活躍で、子どもは寝相が悪すぎて枕なんて買っても全然意味がないのですが、この枕は、寝る前は敷布の下に敷いてちょっとした枕代わりにもなり、眠った後は緩やかな傾斜なので布団の上で動き回っても睡眠を邪魔する事もなく、長い間役にたっていました。

ただ1点だけ、新生児の頃も低さが気になったのと、長い間使っているとヘタってつぶれてしまっている感じもするので、もう0.5〜1センチだけでも高くても良いのかなという感じもします。
枕にしては高い買い物だなぁ〜と当時は思ったのですが、枕意外の使い方としても十分使えたので大満足の一品でした。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス