※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

これと言ってメーカーを決めていたわけでもないので、その時々で気になったプレストパウダーを購入していました。

テカリがきになるようになってから、ずっとプレストパウダーを使っています。
最初は、仕上げ用の粉白粉と同じだと思って、ルースパウダーをかったんですが、これが案外つけるのが難しくて、部分的に大量についたりしたので、リピートせずにプレストパウダーに変えました。
これと言ってメーカーを決めていたわけでもないので、その時々で気になった物を購入していました。
ここ十年ぐらいそれで何の支障もなかったんですが。
以前から売り場では見掛けていたものの、手を出せなかったタイプの物がありました。
一色ゃなくて何色ものパステルトーンが組み合わさった物なんですが、50を超えたおばさんがこの手の物を使うのはどうなんだろうと、なかなか手を出せずにいたんですが、こちらの方が肌の透明感が増すようなことを聞いたような気がしたので、ずっと気になっていました。
試し買いにしてダメならまた一色のものに戻せばいいと思って、いざ探し始めると、殆どがラメやパールなんかのキラキラ入りなんです。
さすがに顔中キラキラしているのには抵抗があるので、シンプルなタイプを探すことに。

やっと候補を幾つか見つけたんですが、一番欲しいと思っている物を購入する前に、使っているプレストパウダーが無くなってしまったんです。

早めに買っておけば良かったと後悔したもののプレストパウダーなしでのメイクは、もはや考えられません。
仕方なくというか、どうせお試しなんだしと思って近くのドラッグストアーで三番目の候補だったものを買いました。
色目や使用感などにはそんなに不満もなくて、これでも良いかもと思い始めた時に、パウダーのそこに銀色のも物が見えたんです。
え?と再度見ると、それはパウダーのリフィルの底。
使用を始めて半月ほどで、底が見えるってどういうこと?
今まで使っていたのは、最低でも半年は持ったんですよ。
慌てて容量を確認したら、なんと3g。
これまでプレストパウダーは、10gほどの容量だったのを後で知りました。
同じぐらいの値段だからと言って、容量が同じぐらいとは限らないんですよね。
クリームファンデとかの5gぐらいなら気にしませんが、プレストパウダーの3グラムと10gの差は大きいです。
色目のお試しだったんだから…と、自分に言い聞かせてますが、g単価にすると物凄く高くついてしまったが、やるせないです。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス