化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

化粧やおしゃれにまったく興味のない私は、見事にキャッチコピーにつられ自分の肌に合わない化粧品だと気が付いた時には肌が真っ赤になっていました

もともと化粧品やおしゃれ、ファッションなどに全く興味がなく、大学生の時にも平気ですっぴんで通っていました。

コンパなど、授業以外で出かけるときにせいぜい口紅をつけるくらいです。
しかし就職活動なるものを始めるに当たって、女子学生は逆にすっぴんでは失礼にあたることを知り、ようやく化粧をすることにしました。
化粧をするのは就職活動のため、という半ば義務であり、興味がないのは相変わらずでしたので、なんとなくこんな感じでいいのだろうと、知識もなく化粧品を選ぶことに。
そして無知な人が引っかかる一番のパターン、「口コミ」「キャッチコピー」をそのまま(自分にあてはまるかどうかなんて分からないのに)信じてしまいました。

当時、そんなキャッチコピーに乗せられたのがSK-Ⅱ。

「クリアな素肌へ」というこれを使えば透明感が得られますよ、という誘い文句は就職活動中の女子学生にとって非常に魅力的に思えました。
特にSK-Ⅱの化粧水は当時からすでにロングセラー商品でしたので、これだけ販売し続けているのはみんなから高い支持を得ているからだ、安心なんだ、と思わせるに十分でした。
また値段も学生にとって決して安いものではありませんでしたが、それが逆に効果がある、と思い込み、効果があるかどうかも分からないのに値段の高さは気になりませんでした。
そして使い始めて1本使い切らないうちに、使用を止めざるを得ませんでした。
とにかくピリピリするのです。
肌質が乾燥肌で、こんな私でも普段から保湿にはそれなりに気を付けていました。
この化粧水をつけてピリピリするなど、違和感を覚えた時点ですぐに使用を中止すればよかったのですが、これまた無知な私は、乾燥肌の私にとって1回の使用量が足らないからだ、とさらに肌にパシャパシャとつけ・・・。結局、肌が真っ赤になるころになってようやく、これは自分には合わないのだ、と分かりました。
口コミやキャッチコピーを否定するわけではありません。その商品を知るためのとっかかりとしては非常に便利だと思います。
しかしどんなに魅力的な商品でも自分に合うかどうかはまた別問題、ということが分かりました。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。