化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

アイライナー選びに失敗しパンダになった経験を生かした対策方法と、失敗しないためのアドバイス

私は以前がっつりアイラインを引くメイクをしていた。

そのため、アイライナー選びは重要であった。
どのようなアイライナーが必要かというと、時間が経ってもパンダにならず、汗や涙でにじまないものだ。
選びに失敗すると一日悲惨な状態でいなければならなくなる。
実際にアイライナー選びに失敗したことは何度もある。
例えば、新しい商品が発売されていて、人気のある商品なら安心して使用できると思い購入したことがある。
使用してみると書き味も良く、書きたいラインが綺麗にかける。
これなら良いと思い、日中過ごしていたが、ふとお手洗いの鏡を見ると目の下が真っ黒。
水では落ちないためどうすることもできず、ティッシュでこすって誤魔化すなんてことがしょっちゅうある。
特に、新しく別の商品に買い替える際にはよくやってしまう。
かといってバッグにクレンジングを忍び込ませるなんてことはできないし、こまめに鏡をチェックするなんて暇もあまりなく、気づいた時にはすでに遅かったということが多い。

これまでに何度も失敗してきたため、今では対策がある。

それは、アイライナーの上にアイシャドウを重ねるというものだ。
これをすると、涙や汗でアイライナーではなくアイシャドウが落ちるため、時間の問題でもあるが、アイライナーがよれにくい。
これを忘れたときは必ずと言っていいほどパンダになる。
したがって、アイラインを引く際にはこの方法をし、よれるのを防いでいる。
アイライナーにはウォータープルーフタイプもあるため、商品の説明や、それはどこまで涙や汗に強いのかなどを確認してから購入するべきだと思う。
そうすれば、失敗せずにアイライナー選びをすることができる。
また、失敗したとしてもそれに対する対策を考え、実行することができる。
そのため、今では試供品で手に試し書きしたり、それをこすってみたり、口コミを検索したりとアイライナーを新しく購入する際には念入りに確認をしている。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。