※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

ベビービョルンの生後1ヶ月から使える抱っこ紐が便利でした。

第1子がとにかく抱っこしていないと泣く子だったので、日中は家事をするときや外出は、ほとんどこの抱っこ紐で抱っこしていました。
第2子、第3子のときも上の子の関係で、生後1ヶ月でも連れ歩かないといけない機会も多いので、ベビーカーよりは両手もあくし電車やバスも利用しやすく、ほとんど外出はこの抱っこ紐でした。
ほかの抱っこ紐に比べて、首がすわってなくてもインサートなしで使えるので、真夏の暑い時期でも暑さをあまり気にせず使えました(メッシュタイプを使用)。
また、赤ちゃんは吐き戻しなどでよく抱っこひもが汚れるのですが、それほどかさばらないので洗濯機で洗濯せき、メッシュタイプだとあっという間に乾くので、しょっちゅう洗濯して清潔な状態で使うことができました。
腰のベルトがないタイプを利用していましたが、肩の位置と背中でばってんになる部分のバックル位置を調整することで、それほど子どもの重さは感じませんでした。
腰のベルトがないので、抱っこひもで外出中に自分がトイレに行きたくなった時に、ほかの抱っこ紐に比べて、装着したまま用を足せるのも便利でした。
どうしても起きてほしくないときにトイレに行きたくなることもありますから。

また、他の抱っこ紐に比べてコンパクトなので、小柄な女性はこちらの抱っこ紐が使いやすいと思います。

いくつか抱っこ紐は使いましたが、赤ちゃんを抱っこ紐に入れるのも慣れると一番簡単で素早く、複雑な留め具はなく、とてもシンプルな作りなので手軽に使うことができました。
また、手を後ろに回して留め具を留めるという作業がありません。
誰にも手伝ってもらわなくても素早く抱っこひもで抱っこできるというのは、外出先のおむつ替えや、電車や公共の場でベビーカーで急に泣き出したりしたときなど本当に便利でした。
三人の子どもに使用しましたが、この抱っこ紐を嫌がった子は一人もいません。全員安心しきって抱っこ紐のなかで熟睡していました。
3種類の抱っこ紐を使いましたが、赤ちゃんが10キロを超えるぐらいまでは、この抱っこ紐が一番活躍しました。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス