※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

元々は好きだったのですが、お湯が熱かったのか一度入った時に大泣きをしました

息子がお風呂を嫌いました。
元々は好きだったのですが、実家の祖母の入れ方が雑だったのか、お風呂のお湯が熱かったのか一度入った時に大泣きをしました。
それ以降、浴室前で服を脱ぐと自宅でも泣く様になりました。
服を脱いでお湯の温度にも気を使っていましたが、それでも恐怖心が蘇るのかぎゃん泣きします。
そこでお風呂の中におもちゃを持って行きました。
始めの内はそれで遊んでくれたので、乗り越える事が出来たと思っていましたが。
しかし、それも3回程度でした。
4回目からはおもちゃを投げて飛ばすのです。
しばらくは改善方法が分からずに泣かせながら入っていました。
髪を洗うのが嫌いかな、顔に水がかかるのが嫌いかなと髪は優しく洗い、顔に水を掛けないようにすすぎました。
それでも大泣きは止みませんでした。
自宅には洗濯物を入れるシリコン製のバケツがあります。
そこにお湯を張って入れてみては雰囲気を変えたりもしましたが、改善されませんでした。
そんなある日、上の子どもが蛇口をひねりカランからお湯を出しました。

その蛇口からお湯(液体)が出ている事に興味を持ち、泣いていたのが泣きやみ、じっと見つめていました。

しばらく観察しているとそのお湯を手でつかもうとしたのです。
しかし、液体なので掴む事は出来ません。
その不思議さが慮になり、お湯を触っては私の方に振りかえりキャッキャと笑う様になりました。
その後、髪、体を洗いましたが全く泣く様子はありませんでした。
それからはカランからお湯をずっと出してみたり、シャワーを近付けてみました。
やはりシャワーから出るお湯が掴め無い事に喜んでいます。
それからは泣く事なく服も脱ぎ、お風呂を終える事が出来ています。
興味を示す物を何か一つでも見付けてそれを与えていれば、恐怖心よりも興味が強くなるんだなと思いました。
あれから数カ月経ちますが、未だにシャワーやカランからのお湯が不思議な様に興味深そうに掴んでみようとしたり、触ったりしてお風呂の時間を過ごしています。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス