化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

私のおすすめ「ローファット・ローカーボ」、ローファットとは脂質を抑えることで、ローカーボとは炭水化物を抑えることです

私が美容の為に気を付けていることは「ローカーボ・ローファット」です。

ローファットとは脂質を抑えることで、ローカーボとは炭水化物を抑えることです。
ローファット・ローカーボを心掛けることで体重と体脂肪が落ち、体が軽くなり日常生活にハリが出ました。
では、1日にどのくらいを目安に脂質と炭水化物を抑えるかと言うと、脂質は大体自分の体重ぐらいのグラムでを抑えます。
一方炭水化物は自分の体重の2倍のグラムを摂取します。
例えば、私の場合体重が42kgなので、1日に取る脂質は42gになります。炭水化物は体重の倍のグラムで84gになります。
これは大体おにぎり3つ分になります。
注意点としては、炭水化物と脂質を全てカットしないことです。人間には生きる為に必要な三大栄養素があります。
それは、脂質、炭水化物、タンパク質です。仮にこの中の脂質、炭水化物を完全にカットすると体の具合に不調が生じてしまいます。

脂質を抜くと免疫力・体力の低下、炭水化物を抜くと低血糖になり脳への栄養が不足し頭の回転が鈍ってしまいます。

なので、こうした不具合を起こさない為に最低限の脂質・炭水化物を取っています。
脂質・炭水化物には良い物と悪い物があるので、私はそれを区別して摂取するようにしています。
脂質はお魚の油、ナッツ類の油から取るようにしています。それと、アボカドもとってもヘルシーなのでおすすめです。
炭水化物は、白米・小麦を極力取らないようにしています。その代替として食べるのは、オートミールと玄米、パスタです。
前者と後者の違いは血糖値の上昇の速さが違います。前者は早く、後者はゆっくりです。
血糖値が急激に上がると、その血糖値の上昇を抑える為にインシュリンが分泌されます。
そのインシュリンには脂肪をため込む作用があるのです。なので血糖値の上昇が緩やかなものを食べるようにしています。
ローファット・ローカーボを実践してから、約2カ月で体重が10kgぐらい落ちました。
また頭の回転が早くなったような気がします。皆さまもぜひ実践してみてはどうですか?

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。