※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

食べ放題に行くと意気込みますが、それこそが逆に損をすることになると思うのです。

ご飯をおいしいと感じられる範囲でしか食べない。例えば、典型的な例で言うと、食べ放題に行くと「おなかに入るだけ食べなきゃ損!!」と意気込みますが、それこそが逆に損をすることになると思うのです。
なぜかというと、まず、必要以上に栄養・カロリーを取ることは消化をするときに体に負担がかかりますし、そのせいで次の作業を行おうとしたときに、だるい、眠いなどという気持ちを感じるからです。
次に、お店を出るときの自分の気持ちを考えてみてください。
「あー食べた食べた」といいながら膨らんだお腹を叩き、じゃあひとまず休もうかと座り込むのです。
それから消化が完了するまではなんとなくうつろな気分が続きます。

必要以上に食べないこと、腹八分は美容・健康にいいだけでなく、精神的にも波が大幅に揺れることもなく、落ち着いた毎日を送ることにもつながると思うのです。

反対に腹八分ほどで抑え、食べたいものを「もういいや」と思う一歩手前で食べるのをやめると、「あー美味しかった。また食べに来たいね。」と爽やかにお店を出ることができます。
その上、体への負担も少なく、体重の増減も少ないわけですから、今の自分のプロポーションを保つことができます。
必要以上に食べないこと、腹八分に抑えることは美容・健康にいいだけでなく、精神的にも波が大幅に揺れることもなく、落ち着いた毎日を送ることにもつながると思うのです。
無理に食べない、もったいないという気持ちを抑える。
でも、それじゃあ、食べ残しが出る。環境に悪い。という声も上がるかと思います。
でも、まずそもそも、自分が食べられる量を把握しておけばいいのです。
自炊するときはもちろん、自分で量を調整することはできますし、レストランなどでも今ではレディースセットを用意しているお店も多いです。
自分で注文する際に、量を少なめでお願いします。
とお願いするのもOK!それじゃあ、もったいないとまだ思う方がいたら、さらに考えてください。
カロリーを摂取するために使ったお金と、カロリーを消費するために使う労力、お金はどちらのほうが上だと思いますか?
そこまで考えると無理して食べようなんて思わなくなると思います。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス