※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

私は産後の体重が戻らず、ダイエットしたいと思っても、旦那の家族と同居で、食事制限という方法はできませんでした

私は産後の体重が戻らず、ダイエットしたいと思っても、旦那の家族と同居で、しかも旦那の家族はとてもよく食べる為、おかわりするのが当たり前の環境だったので、食事制限という方法はできませんでした。
お陰で体重は増える一方で、二の腕、お腹、太ももはパンパン。
肌質も産後変わり、乾燥肌になってしまいました。
着たい服は着られない、時々、お化粧をする時があってもファンデーションが上手くのらず、その時点でどうでも良くなってしまったり、子供と散歩していても歩くとお尻の肉が揺れ、体が重い…。

女性としても母としてもこれではいけないと思い、始めたのは食事を摂る時は最初に野菜を食べる、もしくは青汁を飲む事です。

野菜から食べ始めると糖の吸収が穏やかになると知り、食事制限が難しいなら、せめて糖の吸収を穏やかに…と思い、実践しました。
それから、同じく糖の吸収を穏やかにする為に、ご飯は温かいものではなく、少し時間が経って冷めたものを食べるようにしています。
これだけでは心許ないので、燃焼をサポートする為、朝にαリポ酸のサプリを飲んで、毎食後すぐオルビスのスリムキープを飲んでいます。
スリムキープを飲むと、便通が良くなり、今までよりもトイレに行く回数が増え、大きく体重の変化はなくても、食べ過ぎた日があっても同じ体重をしばらくキープできるので、欠かせません。
本来は、夜に食事を抑えるようにした方が良いのですが、旦那の家は夜にガッツリ系なので、それもできず、夜にはさらにバージンココナッツオイルのサプリとマルチビタミンのサプリを飲むようにしました。
幸いなのが、旦那の実家は夕飯が早く、夕方5時半までに食べ終わる事がほとんどなので、それ以降は間食しない事で、翌日の朝まで空腹の時間が13時間あるので、翌日に数百グラム減っています。
この繰り返しでなんとかマイナス6キロを目標にしてきましたが、現在マイナス4キロのところまできました。
私の場合、極端な食事制限をしていないので、リバウンドや体調不良もありません。
野菜から食べて糖の吸収を抑え、サプリの力を借り、夕方6時以降は食事を摂らないようにする、この方法が今の私には合っているようです。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス