化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

トイレトレーニングに悉く失敗しました。

早いうちに自分でトイレに行ってくれるようになると、子育ての楽さが一段上がった感じがします

オムツを外す時期は、結構悩む問題だと思います。
早いうちに自分でトイレに行ってくれるようになると、子育ての楽さが一段上がった感じがします。
紙オムツ代の節約にもなるので、親としては出来れば早めに外れて欲しいとどうしても考えてしまいますよね。
季節は、冬よりも夏の方が良いだろうし、下に子供が産まれる予定があれば、赤ちゃんが生まれる前に外れてくれればと思ってしまいます。
特に、周りで同年代の子のおもつが外れていたりすると、焦ってしまうのが親心ですよね。
我が家も下の子が生まれる前にと2歳過ぎでトイレトレーニングをやってみましたが、トレーニングパンツにおもらしをしても、次からトイレへ行ってしようというのではなくて、タンスの引き出しから新しいパンツを出してきて、着替えれば大丈夫と言う方に知恵がついてしまいました。
そういう方向でかしこくなって欲しいわけじゃないと、何度がっかりしたことか。

うちの子も…。うちの子は…。実は、この親の気持ちが一番厄介なんですよね。

周りや情報に振り回されて、あたふたしているのは親だけなんですよね。
子供はそういうことに全く無頓着です。
反対に、〇〇ちゃんはトイレに行くなんて言うことを気に留めるような子は、早々にオムツが外れてしまうと思うんです。
タイミングを見てなんて言うことをよく言われますが、それは親のタイミングではなくて子供のタイミングなんですよね。
何かの拍子に突然トイレで用を足すことを覚えて、その後難なくオムツが外れるなんていうのは幻想だと思った方がいいかもしれません。
長い人生でオムツをしているのはほんの数年です。
特に病気などの問題が無ければ、諸学校に上がるまでオムツをしていることはありません。
我が家の場合は、こんな感じで親が諦めの境地に達して、トイレトレーニングに躍起になら中唸った二回目の夏、いとも簡単にオムツが外れました。
今日明日じゃないけど、数年後には必ずトイレへ行くようになると、親が数年のスパンで思っておくのが大事だと思います。
比べない・焦らない・叱らない
忙しい子育て期に無理な話だとも思いますけど、結局これが一番に近道だと感じています。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。