女性のための総合情報サイト

初めての子育ては、夜泣きがとてもつらかった、無理に泣き止ませなくてもいいという記述を見て少し気が楽になりました

初めての子育てです、新生児期の夜泣きにとても困りました

うちの子は、もともと声が大きくて、産院でも泣かれると、まわりの患者さんにうるさく思われると思って、いつもおろおろしていました。
夜はよけい、回りのことも気になるし、自分も眠れないし、とてもつらかったです。
また、出産後里帰りしたので、実家の家族に迷惑がかかる、と気を遣いました。
夜泣きをすると、家族が心配して見に来てくれるのですが、産後精神的に不安定だったせいか、それもプレッシャーに感じました。
オムツ、授乳、げっぷ、暑さ寒さは丁度いいか、など一体何で泣いているのか、わからないことも多かったです。
基本的には授乳させれば一旦落ち着くのですが、すぐにまた泣きます。
次の授乳まで、まだ時間があるのに、授乳させていいものか、それともお腹が一杯すぎて泣いているのか、悶々としていました。
あらゆる手を尽くしても泣くので、ただただ、抱っこして歌をうたって、ずーっとゆらゆらさせていたこともありました。

インターネットで赤ちゃんが眠る曲などを検索し、聞かせてみたこともありました

有効な時もありましたが、駄目な時の方が多かったように思います。
具体的にはふかふかの歌、オルゴールの音、タケモトピアノのCM、胎内音などです。
また、インターネットで「赤ちゃん 夜泣き」を検索して、良さそうなものを試していました。
あるとき、眠くて泣いている場合がある、その場合は下手に構うと、かえってひどくなる、というような記述を目しました。
そういう場合は、泣いて疲れたら寝る、というのです。
無理に泣き止ませなくてもいいんだ、と思うと、少し気が楽になりました。
原因を探り、わからない時は、抱っこして、ゆらゆら、それでも駄目な時は少し放っておくようにしました。
それも必ずしも有効だったとはいえません。
ただ、月齢が上がるにつれ、寝ぐずりの頻度があがり、少しあやして、駄目な時は放っておくと、結構な確率で寝てくれるようになったと思います。

関連記事

コメントは利用できません。