女性のための総合情報サイト

ふらりと立ち寄るより、予め下調べをして目的の商品を購入するために行きます。

百貨店の化粧品売り場で化粧品を買うのは贅沢なことだと思っているので…

私がよく利用する百貨店は「そごう千葉」店です。化粧品売り場を利用する頻度は2ヶ月に一回程です。
百貨店の化粧品売り場で化粧品を買うのは贅沢なことだと思っているので、誕生日などのご褒美や、どうしても欲しいアイテムがない限りあまり利用することはありません。
なので一度に使う金額は3000~5000円で、点数も1点が多いです。
最近は、お気に入りのRMKの日焼け止めクリームをリピート買いする為に行きました。
それと、ずっと前からSK-Ⅱの肌診断に興味があったので、友人が働いているのもあり、初めて利用してみました。
そこで肌診断をしてもらい、サンプルだけもらって帰ってきました。
年齢的にそろそろSK-Ⅱも使用してみたいとは思いつつ、なかなか価格的に手が出せないのが現状です。

普段使う化粧水やファンデーションはドラッグストアで購入していますが、例えばリップやグロス、チークなど“それだけで気分が上がるもの”はいいものを持ちたいと思い、百貨店の化粧品を使っています

個人的にDiorのリップやグロスはパッケージが可愛くて買いたくなります。
チークはMACのものが好きです。購入方法はネットではなく直接足を運んで実物を見て買います。
直接行って購入する理由は私的に二つあり、一つは購入した時にショップの紙袋を持つ喜びを味わいたいのと、もう一つは店員さんと話すといろんな情報が聞けるからです。
やはり店員さんと会話がはずむと、予定していなかった商品まで買いたくなります。
ですが、私は人見知りなので毎回店員さんと話せる訳ではなく、店員さんの方から優しく声を掛けてくれた時のみ「待ってました!」と言わんばかりに会話をします。
土日など混んでいて店員さんの手が空いていなさそうな時は滞在時間5分、会話できた時は20分というところでしょうか。
それと、最近Youtuberさんたちのメイク動画をよく見ます。
そこではプチプラから百貨店コスメまで様々なアイテムのレビューが見られるので、それを参考にして購入を検討したりしています。

関連記事

コメントは利用できません。