化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

新しいファンデーションが欲しいときの色選びと、肌トラブルのメイク方法を教わるため

使ったことがないファンデーションで欲しいものがあるときは、百貨店の化粧品売り場を使うようにしています

私は2年に1度ペースで岩手の川徳百貨店に行っています。
百貨店の化粧品売り場はカウンセリングから始まるので、自分の肌の色に確実に合ったものを選んでくれるところが好きです。
肌の状態とそのときの肌の色に合っているファンデーションを選んでくれます。
おかげで化粧を濃く仕上げたい日にも、いつもよりたくさん化粧をのせても、首との色の堺が浮き立つことなく自然に使えています。
特に高いファンデーションやコンシーラーだと失敗したくないので、新しい商品で気になっているものがあれば、百貨店に行くようにしています。
百貨店で買うメリットは、担当の美容部員の方が、現在の肌に合う色を選んでくれるので百貨店で買うときは失敗することがないことです。
百貨店に行くときは最初から、カウンセリングと買う目的を兼ねているので、その場ですぐに購入しています。
ドラッグストアと百貨店購入の違いは、丁寧なカウンセリングから始まることです。
私の地元のドラッグストアでも美容部員の方が店頭に来ることもありますが、幅広い化粧品会社の美容部員さんが常勤しているのは百貨店です。
興味のある化粧品候補が複数あるときは、百貨店に行くようにしています。

肌の悩みを話すと効率良く欠点をカバーするメイク方法と、商品の裏ワザ的な使い方を、じっくり丁寧に教えてくれるところも百貨店化粧品売り場の嬉しいところです

ドラッグストアのメリットは、同じメーカーの同じ商品でも、ドラッグストアの方が安く買える事があることです。
百貨店で自分に合う色が分かった後には、ドラッグストアで買うようにしています。
百貨店化粧品売場で買うメリットは、何よりも色選びに失敗がないことです。
プロがフィッティングをしてくれるので、肌の欠点をカバーするだけでなく、自分の魅力が引き立つような化粧品を選んでくれます。
だから気になっている化粧品があるなら、一度百貨店の化粧品売り場に直接出向いた方が良いと思います。
シミとかほうれい線や傷跡などをカバーする上手なメイク方法と適切な化粧品選びも、美容部員から教わりました。
自分が欲しいものと、プロから見て適切な商品が違う場合もあるので、肌に大きな悩みを抱えている人も百貨店化粧品が向いていると思います。
私が百貨店化粧品売り場で使う金額は、1回で1万円から2万円範囲で買い物をしています。
これまでの利用ブランドは資生堂、カバーマーク、エスト、クリスチャンディオールです。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。