※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s
今回は、アンチエイジングのためのおすすめ方法をご紹介します。
ポイントとしては、化粧品を使った外からのものと、食べ物による内からの方法の2つのポイントに分けて紹介したいと思います。

1. エイジング効果の高い成分が配合された化粧品で肌の表面から成分を取り込む方法

化粧品は肌の表面から成分を直接取り込む手段です。
エイジングといえばコラーゲンですが、コラーゲンだけでなく、エイジング効果の高いの注目成分としては、肌の再生能力を高めてくれるEGF(ヒトオリゴペプチド-1)という成分、もともとは「脳の若返りサプリメント」として有名ですが、肌の引き締めやしわの改善などの美肌効果も高いDMAE、肌の保湿機能やバリア機能を高めてくれるヒト型セラミド、高い抗酸化力で、美白効果もあるアスタキサンチン、プラセンタです。
これらの成分を配合の化粧品を使用することでよりアンチエイジング効果を実感できるはずです。

2.食べ物で、体内からアンチエイジングする方法

医食同源というように、化粧品などで肌表面から成分を補給するだけでなく、体内から美肌をつくる努力をすることも大切です。そのためにお勧めの食べ物や食生活をご紹介します。

まず、主食となる炭水化物(糖質)は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に残っている、精製されていない玄米やライ麦パン、全粒粉パンなどがおすすめです。
これらの残された成分が肌にいいわけです。次は脂分です。動物性脂肪のバターやラード、ショートニングは血液がどろどろになりやすく、病気や肥満につながりやすいだけでなく、老化を早める特徴があります。一方、魚に含まれる脂は不飽和脂肪酸が多く、体内から悪い油をだして血液をサラサラにしてくれ、脂肪燃焼や老化防止、ホルモンバランスを調整してくれたりと、高いエイジング効果が期待できます。
また、「αリノレン酸」という成分はコラーゲンの分泌を促して小じわを改善してくれたりする効果があることで最近注目をあびています。オリーブオイル、紅花油、魚、亜麻仁油に含まれています。つぎに、野菜ですが、野菜は美肌作りに欠かせない食べ物です。緑黄色野菜に多く含まれるというβカロチンは、ホルモン機能を調整し、美肌効果があるようです。いわしやさばなどの背の青い魚や、納豆などに多く含まれているビタミンB2は美容ビタミンと呼ばれ、ターンオーバーを正常化して、健康な肌や髪、爪を作るのを促進してくれるといいます。

また、ビタミンB6も皮脂分泌を正常化して皮膚の炎症を抑えてくれるといわれています。といわれます。ミネラルたっぷりの海草類もおすすめです。食物繊維も豊富なので、お通じを整えて吹き出物のできにくい美肌をつくってくれるはずです。

※こちらの記事は2015年の記事をリライトいたしました。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス