※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

ミルクを飲んでくれなくて大変!

私は3人の子供を産み1番はミルクと母乳で2番目と3番目は母乳のみで育てました。
問題は2番目3番目の母乳の子供達で全く粉ミルクを飲んでくれなかったので片時も離れる事が出来ませんでした。
母乳は粉ミルクを作る手間も哺乳瓶の消毒もしなくて済むので普段はとても楽です。ですが1つ狂うと大変でした。
1番目と2番目は2歳しか離れておらず2番目が生まれ、3ヶ月位で1番目の子が喘息で入院しました。それで上の子が「母親と一緒じゃないと嫌だ」と騒ぐので病院に寝泊まりしながら授乳をしに自宅に帰っていました。それでは疲れるだろうと病院で搾乳をして、母に母乳を渡し哺乳瓶で飲ませる様にしても哺乳瓶を嫌い飲んでくれませんでした。困り果てましたが2番目の子を病院に連れてきて貰ったり、自分が自宅に帰り授乳をして上の子供の退院するまで頑張りました。
2番目の子供は母乳しか受け付けてくれなく本当に苦労しました。お腹一杯飲んだあとゲップが上手く出せなく騒いで折角飲んだ母乳を吐いてしまった時が本当に困りました。産まれた時は4000g越えの大きな子だったので母乳も結構飲みました。片方のおっぱいがぺったんこになり反対のおっぱいを半分くらい飲むと眠くなるという感じでした。ですから飲んだ母乳を吐いてしまって着替えをさせ、もう一度おっぱいを飲むという時に騒ぎがおきます。いくら吸っても母乳が足らず焼けを起こしてゲキ泣きするのです。
そういう事が何回もありました。
対策として母乳を飲み終えた時は慎重にゲップをさせ、出ない時はずっと立てに抱っこして背中をさすりました。それでも母乳を吐いてしまい母親の母乳がまだ出ない時は乳首を吸わせたままゲキ泣きして貰いました。抱っこして揺らしていると泣きながらもいつの間にか気持ち良くなって眠りについてしまうのです。文字通りの泣き寝入りです。可哀想だと思いながらも母乳が出なければ仕方ないので水分をとって早くおっぱいが張るようにしました。子供の離乳が始まり「おっぱいが足りない」ゲキ泣きからは少しずつ解放されました。
母乳の子はミルクに比べお金も手間もかからず楽ですが何か1つが狂うと大変です。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス