※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

十代の頃はニキビがひどかったですし、二十代になってからもオイリーな肌だったので

洗顔はしょっちゅうしていました。
朝起きた時はもちろん、夏場なんかは一日になんどもしていて、夜もしっかりとダブル洗顔をしていました。
それでも、なかなかオイリー肌は治らず、肌タイプで化粧品を選ぶ時は必ず「脂性肌」専用のものを選んでいました。
あぶらとり紙も一日に何枚も使っていましたし、はたけるタイプの粉をたっぷりつけていました。
でも、なかなかオイリーな感じが治まらず、普通は二十代半ばとかになるともう少し肌が落ち着くのでは?と思っていました。

そんな時に、ある女優さんが「顔はあまり洗わない」と言っているのをテレビで耳にして、私は顔を洗いすぎなのかなと思うようになったんです

その女優さんは、その人よりもさらに年が上のちがう女優さんがそう言っているのを聞いて、顔をあまり洗わないようになったそうですが、どちらの方もものすごく肌がキレイです。
それを何気なく聞いていたのですが、もしかして、私は顔を洗いすぎなのかなと思うようになったんです。
洗顔料や石けんを使ってしっかり洗っていることが、肌に必要な潤い成分まで洗い流しているのではないかなと思いました。
そこから、メイクはしているので夜はダブル洗顔をしますが、朝は水だけで洗うように変えました。
すると、さっぱり感はないものの、オイリーさはマシになってきた上に、潤いが残るようになったのです。
本当に意外でしたが、やっぱり自らの手で潤いを奪っていたんだと分かりました。
しかも、その潤いを補充して肌を守るために余計にオイリーになっていたんです。
夜の洗顔は肌に負担がかからない赤ちゃんでも使える無添加の石けんに変え、肌ができるだけ動かないように優しく洗顔しています。
もちろん、保湿は化粧水や美容液、たまにシートマスクなども使ってしっかりやっています。
そうすることによって、年齢のせいもあるかも知れませんが、粉もあぶらとり紙も使う量がかなり減りました。
さらに、化粧のノリも良くなりました。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス