化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

百貨店の化粧品売り場で、言われるがままに、化粧品を購入。

百貨店の化粧品売り場に行って失敗…。

初めて百貨店の化粧品売り場に行った時のことです。
私の中では、とてもきらびやかな空間で、入るのにとても勇気がいりました。友達にどんな化粧品がおすすめなのか聞いてみたり、雑誌で予習をしていきました。
欲しい商品が見つかったので、そのブランドのお店に緊張しながら来店しました。
ばっちりメイクの少し年配の店員さんがすぐに私に気づき、対応をしてくれました。「お探しの商品はありますか?」と言われたので、お目当ての商品を言いました。
すると、その商品を持ってきてはくれたのですが、「こちらの商品のほうが、今人気なんですよ」「ライン使いが必要なので、これも必要です。化粧水をつける際は、手では成分が手に吸収されて効果が半減するので、コットンも必要ですし」と、次から次に商品を持ってくるのです。
その後も、全く言ってもいないファンデーションや口紅なども勧められ、断れない私は肌診断まで受けてしまいました。
また、メイクをしてあげると言われ、店員さんに乗せられるがままにやってもらいました。
来店したときは、バイトの昼休憩の時間だったのですが、休憩時間1時間を費やし、店員さんのセールストークに呆然とするばかり。
断れないというよりも断る間を与えない感じでした。店員さんは勝手に持ってきた商品を計算して合計を出してきたのですが、2万円超えていて、その場で買えるような金額ではなかったので、勇気を振り絞って、始めに欲しかった商品だけが欲しい事を告げ、どうにか他の商品を購入せずに済みました。
住所や電話番号など聞かれたのですが、隣の県から来たと嘘までついて断りました。
ぐったりとした状態で、バイトに戻ると、バイト仲間には店員さんにしてもらったメイクがおかしいと爆笑される始末。
接客業だったので、そのメイクでいるのがとても苦痛でした。初めての化粧品売り場でとても苦い経験をしたのですが、今でも店頭販売の店員さんが苦手です。
出来るだけ購入だけで済むように、迷った様子は見せないようにしたり、最近ではセルフ化粧品が多くなりました。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。