女性のための総合情報サイト

ペットボトルで作ったダンベルを使った体操→成功!!半年で5kg減!

ペットボトル体操で子育てしながらダイエット!

長男出産後、半年経っても体重が元に戻らなかった私。

食事制限だけでは限界がある…と思いつつ、小さな赤ちゃんのいる時期って本当ーに身動きが取れない…。

そこで思いついたのが、500mlのペットボトル2本にたっぷり水を入れ、両手に持って行う「ダンベル体操」でした。

そもそも何故こんなことを思いついたのかというと、実家の母がもう10年以上前に「ダンベル体操」に取り組んで10Kg近く痩せ、今も体型をキープしているからです。

母は東急ハンズで1Kgのダンベルを購入し、きちんと本を読んで(「ダンベル体操」で検索すれば、さまざまな本ややり方が出てきます)1日30分、しっかり体を動かしていましたが、私は何しろ子育て真っ只中でしたから、ペットボトルを使って1日10〜15分ほどの「にわか体操」を実践していました。

やり方

具体的なやり方は、

1.二の腕を鍛える

ダンベル(上記の通り、水を入れたペットボトルのことですが、ここからそう書かせていただきます)を両手に持ち、肩の上に構える。左右交互に腕を頭の上まで真っ直ぐ持ち上げ、ゆっくりと下に降ろす。

二の腕に筋肉を意識しつつ、ゆっくりと行うのがポイント。

これを10回×3セット行います。

2.ウエストを絞る

ダンベルを持ったまま、両手を広げて左右交互にツイスト運動。両手を体に巻きつけるようにします。

ウエストを絞るイメージを強く持つと吉。無理に腕を振ると腰を痛めるので、ゆっくり無理のない範囲で行いましょう。

これを10回×3セット行います。

3.足を鍛える

ダンベルを両肩に乗せて、ゆっくりスクワットをします。

この体操最大の難関!けれどこれをすると全身から汗が出て、各自に効果が上がります。無理をすると膝にくるので、慎重に行ってください。最初はダンベルを持たずに行うのも良いかと思います。

これを10回×3セット行います。

4.腹筋を鍛える

ダンベル1つを胸の上にのせ、両手で持って腹筋をします。

慣れない内はダンベルなしでもok。

これを10回×3セット行います。

これで終了。

私はこれを子供の昼寝中に行い、半年で5Kgほど痩せました!

因みに回数は適当で、子供がよく寝ている時は多めに、起きてしまったはい潔く諦めていました。

適当に、ゆるーく続けると、劇的ではなくとも必ず結果が出るダイエット法です!

関連記事

コメントは利用できません。