化粧品・コスメ買取サービスを提供しながら、役立つ生活情報も配信しています。

50代の私が普段から心がけていることは肌にダメージを与えない。ダメージを受けたら速攻ケアすることです

何もつけないで外に出るなんて私の年齢になったら、安全靴履かないで工事現場に出るようなものだと思います

美容法というより、これだけは最低守らないと取り返しがつかないから自分に課している日課のようなものです
普段から肌を守るために心がけていることをお話しします。
若い人なら、日焼けして、たとえシミになってもターンオーバーが進めば季節とともに元に戻るかもしれません。
ですが、年齢を重ねると一度できたシミやしわはどんな高級化粧品を使おうとそうそう戻るものではないです。
まずは肌にダメージを与えないことが基本だと思います。
外的要因から言うと、紫外線から守ってやるということです。
といっても、私が肌に塗っているのは外出するときの日焼け止めぐらいのものですが。
何もつけないで外に出るなんて私の年齢になったら、安全靴履かないで工事現場に出るようなものだと思います。
帽子か日傘は欠かしません。
習慣になるとこれがないと落ち着かないです。
炎天下に無防備に肌をさらしている人を見ると、雨に濡れている人を見るように傘をさしてあげたくなります。
5月を過ぎるとサングラスも必要です。
なぜなら紫外線は目から入ってそれを認識した脳がメラニンを作れと肌に命令するからです。
肌だけUVカットしても目から入った紫外線は防げないです。
つまりすごい濃い化粧をしていても帽子をかぶらずUVカットの眼鏡もなしに外に出るのは紫外線から守れていないということです。
UVカット率の高い普通の眼鏡でも大丈夫です。

放っておいたり、日常の簡単なケアの怠りが続くと肌に深い年輪が刻まれていきます

次に、ダメージを受けた肌は早めにその日のうちにケアしてやるということが大事です。
外出が長くなったり日焼けの兆候があるときは必ずその日のうちに美白パックをします。
今は分包でドラッグストアでこういうパックをよく売っているので便利です。
水分補給も十分してビタミンもたっぷりとります。たいてい次の日には元に戻っています。
早めにケアすると、肌の鎮静化も早いです。
放っておいたり、日常の簡単なケアの怠りが続くと肌に深い年輪が刻まれていきます。
あとは皮膚が弛んでこないようにクレンジングするときに、リンパマッサージをしておきます。
そうすると年齢を重ねて鈍くなったターンオーバーも助けてやることができます。
悪い状態にならない、なったら長引かせないことが大事かと思います。

「リライフクラブ」の化粧品(コスメ)&美容家電&香水の買取サービス

関連記事

コメントは利用できません。