女性のための総合情報サイト

子供を抱きながらでもいつでもどこでも簡単スクワットダイエット

私が一人目を妊娠、出産してから実際にやっていたダイエットは「スクワット」です

我が子は産まれてから眠くなったり、ぐずったりするとなかなか手がつけられなくて困っていました。
産まれた年のお正月に親戚一同が集まり久しぶりの団らんをしていた時、また眠くて子供がぐずった為別室であやしていると叔母さんがやってきて
「子供を抱いたまま、上下にスクワットするみたいに動いてごらん。それで落ち着くことが多いよ」
と教えてくれました。
アドバイス通りに抱いたままスクワットしてみると、なんと泣き止んで落ち着いたではありませんか!
これはいいことを聞いたと、その日からぐずった時、寝かしつけの時、抱っこしながら家事をしていて気がついた時にひざを曲げて上下にスクワットをすることにしました。
これはダイエットにいいかもしれないと思いダイエットもかねてやってみることにしました。

左右にゆらゆらするよりも自分の体に負荷がかかるし、子供も落ち着いていろいろなことがはかどるし、まさに一石二鳥でした

妊娠中は15キロ体重が増えて、産後も腰まわりやお腹についたお肉がなかなかとれなかったのですが、気がついた時にスクワットをするようにしていたところ
産後1年ほど経つ頃には妊娠前の体重よりも5キロ減り、腰まわりや太ももの乗っかっていたお肉が綺麗さっぱりなくなりました。
やり始めて意識したところは、お尻を後ろに引かずになるべくまっすぐ下におろすことです。
私はどちらかというと下半身にお肉がつきやすいタイプだったので、このスクワットダイエットはぴったりでした。
なにも道具がなくても、子供を抱きながらでも、どこでも出来るので周りのお友達にもオススメしたところ一時期私の周りではスクワットブームでした。
子供を抱いていると自然と重さが加わりいい感じですが、抱いていない時でもやっていましたし
立ったままのスクワットだけではなく、歩きながら1歩踏み出すごとに腰を下げて動きながらでも出来るので家の中にいる時は頻繁にやっていました。
道具がいらないということで、産後にはスクワットをオススメします。

関連記事

コメントは利用できません。