※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

産後半年で、妊娠以前のの体重に戻すと、よく言われます。

しかし、これは一般論ですので、妊娠時の体重の増え方や、母体の体調によって、個人差があると思います。
まず、服薬などをしておらず、医師から止められていなければ、母乳で育児をすることをお勧めします。
母乳での育児をすることによって、500~600kcalのエネルギーを消費します。
また、母乳に含まれる成分により赤ちゃんに免疫力がつくだけでなく、母親の子宮の収縮などを促します。
しかし、母乳は血液から作られますので、バランスのとれた食事をし、しっかりと水分補給をして下さい。
産後、急激な食事療法を行うと、母乳の質が低下し、母親の体調を崩す原因となります。
最近は、妊娠したからといって「あまり動かずに大事にする」や「妊娠中は二人分食べる」ということは減ってきていると思います。
もし、妊娠中にそのような生活を送っていた人であれば、筋力などが落ちている可能性があります。
子どもの1か月健診が終わり、一緒に外出できるようになれば、近所までの買い物や、散歩から始めると良いでしょう。
そして、徐々に通常の生活に戻しながら、体力を取り戻して下さい。
無理な運動をすると、体調を崩しやすくなるので、産褥期体操や、簡単なストレッチから始めるのがお勧めです。

産後は骨盤ベルトや補正下着などで、骨盤を締めるようにしましょう

体型の変化として、妊娠・出産により骨盤が開いてしまいます。
産後は骨盤ベルトや補正下着などで、骨盤を締めるようにしましょう。
骨盤が開き切った状態では、体型がくずれ、太りやすくなります。
産後は、家事や育児にと、ストレスが増えてしまいます。
ストレスが溜まると、暴飲暴食になってしまったり、太りやすくなります。
常に完璧を目指すのではなく、緊迫した状況でなければ、「これくらいは大丈夫」や「まぁいいか」という考え方を身につけると、ストレスの増加を防ぐことができるかもしれません。
妊娠中に過度に体重が増えていなければ、上記のことだけで、自然と元の体重に近いところまで戻ると思います。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス