※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

出産で緩んだおなかを引き締めるには産後六か月頃までに

産後、体重をいちねんを 目安にして戻すといいと言われていますが、妊娠、出産で緩んだおなかを引き締めるのに一番いい時期は産後六か月頃までにです。
そのあとは脂肪が落ちにくくなってしまいます。
私は子育てが大変で時間がなく悩んだ結果、ながらダイエットをしました。
普段の生活などで腹筋を鍛える事が出来るながらダイエットは普段の生活に少し気を遣うだけでできるのでとても楽です。

産後何もしないと骨盤が緩んだままで腰痛などの原因に、骨盤の歪みを整えるダイエットは必須だと思います

産後、約10日前後で大きく開いてしまった骨盤は元に戻っていきますが、何もしないと緩んだままの状態になり、腰痛などの原因になってしまうため骨盤の歪みを整えるダイエットは必須だと思います。
ですが無理なトレーニングなどはぜす、いつもの動作に少し意識して改善するだけで、産後の体験改善の役に立ちます。
内容としては、椅子に座るとき浅く座り、姿勢を正す。座るときによくあぐらや、足組などしてしまいがちですが、片方に体重がかかってしまっているため、やめたほうがいいです。
フラフープをしてしているときみたいに、腰をぐるぐると回す、実際にフラフープを使うのもいいと言います。
歩いている時に常に下腹部に力を入れて、お尻の穴をきゅっ絞めるように歩くといいです。
子供と一緒に寝ている時も腹筋を意識し、時々ひねったりすると、くびれが出来ます。
腹筋に力を入れるのは常に意識しておくといいかもしれません。
基本的な姿勢の正し方は、座った時は尾てい骨ではなく、座骨で座るように意識し、背筋を伸ばしましょう。
座っている時に、姿勢を保つのがつらいという人は無理せず、クッションなどを使い座りましょう。
他にも、普通に座るのではなく、武道などで見られる、蹲踞(そんきょ)などをしてみるのがいいです。
蹲踞は背中が丸まらないようにし、立ち膝からつま先で床を抑え足のつま先で体を支えます。
このとき足のかかとがお尻の外を向くように座るのではなく、お尻の真下にかかとが来るように座ります。
姿勢がぐらついてうまく座れない人は、ひざを床につけてもいいです。
私はこのながらダイエットをし腹筋がきゅっと引き締まり、くびれも出てきて今でも続けてやっています。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス