※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

高カロリー油は避け、根菜や煮物や魚、和食中心の生活に、間食はおにぎりやヨーグルトなどで

母乳で育てると、食べたものが赤ちゃんにいくので、食べても食べてもとてもお腹が減ります。
でもカロリーの高いものや油っこいものなどでなければたくさん食べても太りにくいので、たくさん母乳を出すためにも、たくさん食べていました。
特に白米は山盛り2.3杯は普通に食べていました。
満腹という感覚がないのでまだまだいけるって感じでしたが2.3杯でご飯はストップ。
あとおかずは、母乳の出やすくなるものを調べて、根菜や煮物や魚といったような、和食中心の生活でした。
間食はおにぎりやヨーグルトなどでした。
あまりにもお腹が空いてる時は、食べ過ぎに気をつけるために、食前に炭酸水を飲んでいました。
水分は母乳をたくさん出すためには大事なので、糖分のない炭酸水を飲んで少し空腹を満たしていました。
私は元々和食が好きだったので、これはストレスにはならなかったです。
これだけたくさん食べても、母乳で出てしまうのでダイエットにもなりました。

抱っこやベビーカーに乗せて1時間かけてのお散歩も、なかなかいい運動になりました

あとは、赤ちゃんが外に慣れてきたら、抱っこやベビーカーに乗せて1時間かけてのお散歩も、なかなかいい運動になりました。
夏や冬のお散歩しずらし時期は、デパートやモールへ行き、ひたすら歩きました。
あとは赤ちゃんをあやしながらの筋トレやストレッチもやっていました。
抱っこ紐で抱っこしてスクワットや体操をしました。
あとは、高い高いをやって赤ちゃんは喜ぶ→私は筋トレ。
横になって膝を曲げて脛に赤ちゃんを乗せて飛行機をやって赤ちゃんは喜ぶ→私は筋トレ。
これはかなり腹筋が鍛えられました。他にもありますが、赤ちゃんが喜ぶことを考えながら色々試してみました。
産後ダイエットに関して私が考えていたことは、ムリして元の体重に戻すわけではなく、赤ちゃんのことを第一に考えてムリのないように戻していくということを心がけていました。
母乳にしてもお散歩にしても、まずは赤ちゃんのことを考えることがストレスを抱えないダイエットになるとおもいます。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス