女性のための総合情報サイト

化粧品は百貨店で買うと愛着も出るし肌の悩みの相談もできます

ソバカスや毛穴が目立つので、ファンデだけにはお金をかけています

私は、肌が白いのに、ソバカスや毛穴が目立つので、ファンデだけにはお金をかけています。
ドラッグストアに売られているようなものを試してみてもどうもピンとくるものがないので、口コミで評判の良いファンデを扱うブランドの店頭へ行き、肌の色診断をしてもらって、実際に化粧をしてもらってから買うかどうか判断しています。
お店の人にメイクしてもらうと、大抵綺麗に仕上がり、それをファンデの力と信じて、大抵すぐに買ってしまいます。
そのときに、アイシャドウや下地など、そろそろなくなりそうなものがあれば併せて買います。
一度に使うお金は4000円から9000円程度です。

よく利用するブランドはRMKやエスティローダです

よく浮気をして他社ブランドを使ってみたりするのですが、結局は、この二つのどちらかに戻ってきてしまいます。
百貨店とドラッグストアの大きな違いはやはり、高級感だと思います。
トイロットペーパーやティッシュを買うついでに選ぶ化粧品と百貨店で丁寧に接客を受けて買った化粧品では、愛着が違うなと感じます。
サンプルをたくさんくれるのも嬉しいです
旅行によく行くので、化粧水や日焼け止めなど旅のお供になります。
私独自のオススメは積極的に店員さんへメイクの仕方を教わることです。
下地一つにしても塗り方があります。
それを知っておくのと知らないのでは随分メイクに差が出ることが分かりました。
肌の悩みを相談すると、化粧水や美容液までたくさんオススメされそうで怖い気持ちになるのは分かりますが、あくまでファンデでカバーしたいなどという望みを伝えると、相手はプロなので、希望に沿った提案をしてくれます。
おかげで、ファンデは随分詳しくなれました。
百貨店で売っているから、高いからといって、自分の肌に合うかとは関係ありません。
いろいろなブランドを試してみて、その中から、自分が好きなブランドを選んでいくのが良いと思います。
ファンデを使い終えるのに3か月から半年はかかるので、長い目で、お気に入りのブランドを見つけていってくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。