女性のための総合情報サイト

化粧水が沁みるほどの酷い肌荒れで脂漏性湿疹だと診断された30代女性。ケミカルフリーな基礎化粧品で症状が改善!

2件の皮膚科を受診し、2種類の薬を試すも症状は改善せず…。

皮膚科へ行き受診をしました。初めは先生に脂漏性湿疹だと病名を言われて、ニゾラールという薬を処方されました。
1年ほど使用しましたが体調によってか赤みと痒みは出たり引いたりを繰り返す日々。
薬を塗ってから乾燥は日に日に強くなったような気がします。
ニゾラールは匂いがあまり好きではなくずっと顔に塗るのが抵抗がありました。
酷い時には化粧水が沁みたため皮膚科のヒルロイドクリームのみをぬりました。
洗顔は泡をよく立てて顔を触らないように優しく洗顔しました。
ネットで症状を調べたところ私と同じような症状は大抵皮膚科を受診すれば脂漏性湿疹と言われるとのことでした。
しかし、治らない場合には原因が違う場合があるとのこと。私のば場合は1年くらい使用していたのに改善どころか酷くなったように感じて薬を使うのを辞めました。
次に違う病院にも行ってみました。今度はプロトピックという塗り薬を処方してもらいました。この薬は匂いもなく塗りやすかったです。
塗っているときは以前より赤みも痒みも引いてきました。
ただ、少し調子がよくなって薬を塗るのを辞めるとまたすぐ赤みが出てきてしまいました。しばらく塗っていたのですが薬がないと肌が悪化する為根本的に治っているとは思えませんでした。
こものままずっと薬を塗り続けなくてはいけないのか…と思ったら嫌になってしまいました。

ケミカルを排除した基礎化粧品で症状が改善!

なので今度は基礎化粧品を見直すことをしました。
ファンデーションはオーガニックのパウダーを選び、化粧水は刺激の少ないものを選びました。なかなかこれだ!というものには出会えずコロコロとメーカーを変えておりました。
1年ほど経過したところ、合成界面活性剤や合成ポリマーなどのケミカルが肌に良くないということを知りました。
そこからケミカルをなるべく排除した基礎化粧品を使用するようになると顔の赤みはだいぶ減って改善してきている気がします。
あまり肌に刺激を与えず優しい化粧品をこれからは使用したいので成分を注意して使っていきます。

関連記事

コメントは利用できません。