女性のための総合情報サイト

発酵食品や酵素の多い食材に、ビタミン、コラーゲン、セラミドを意識して摂取、バランスの良い食事を心がけ内側からの美容ケア

年齢を重ねるうちに外側からのケアだけではだめだと思い

若い頃、美容のために行っていることと言えば、化粧水や美容液を使った方法やまめに日焼け止めを塗るなどの紫外線対策でした。
年齢を重ねるうちに、顔のくすみや乾燥が気になり出しました。
これからは外側からのケアだけではだめだと思い今色々行っています。
そのうちのひとつはバランスの良い食事を心がけることです。野菜はもちろんのこと、酵素がたくさん含まれている食品を摂るようにしています。
納豆やキムチ、ヨーグルトといった発酵食品です。どれも簡単にスーパーで手に入るものばかりで、毎日の食事に手軽に摂取することができます。
野菜を選ぶ時も、にんじん・大根・キャベツと言った酵素の多いものを積極的に摂り入れるようにしています。
酵素は体内の活動を活発化させてくれるので、腸内環境も整いやすく、お通じも良くなります。
酵素は健康のためだけでなく、腸内の環境が整うと美肌にもなり美容方面にも効果があるのです。
無理のないダイエットができることでも、近年注目を集めています。

紫外線に長時間あたっていた日は、ビタミンを多く摂取

日焼け止めなどの紫外線対策はもちろん大切ですが、その後のケアも大切だと思います。
ビタミンはお肌のターンオーバーを促進させます。
お野菜だけビタミンを摂取するのは量が多く大変なので、手軽なサプリメントとビタミンCが入ったドリンクを飲むようにしています。
あとは、肌の保湿する力を上げる為にコラーゲンが多く含まれている、鶏肉の皮などを食べています。
油が多いので焼いたりはせず、いつもスープの具にしています。
そこに春雨を入れて、お昼に食べることが多いです。
お肌の保湿に効果の高いセラミドはこんにゃくや黒ゴマ、ひじき、わかめなども積極的に摂り入れています。
これらはスーパーでも安く手に入るので、とても続けやすいです。
そしてこまめに水分を補給することです。喉が渇く前の補給が大事です。
またカフェインの多いものは、体の中の水分を外へ排出してしまうので、出来るだけ摂らないようにしています。”

関連記事

コメントは利用できません。