女性のための総合情報サイト

肌の保湿のためのシートパックと血行促進の入浴&頭皮マッサージは欠かせません

シートパックは朝と夜の二回行います

40代になり、肌の乾燥がとても気になるようになりました。
若いころは、冬や日焼けをしてしまったあとに乾燥を感じていましたが、40代になると、季節に関係なく乾燥が気になりだしました。
肌を触ったとき、肌が固くざらついた感じがしたり、化粧のノリも悪く、くすんだ印象になってしまいます。
乾燥が進めば小じわが本格的な深いしわへと定着してしまいます。
何とか乾燥を和らげるため、毎日実践していることは、シートパックで保湿をすることです。
シートパックは朝と夜の二回行います。
朝は洗顔後、化粧水をつけた後にパックをします。
その後、乳液ではなくクリームを塗ります。
ポイントは、一つ一つのアイテムをざっと肌につけるのではなく、少し間を置き、浸透したことを確認した後に次のアイテムをつけていきます。
こうすることで、化粧のノリもよくなり、化粧崩れも防げます。
そして、夜も入浴後にシートパックをします。
夜は、二日に一度のペースで酵素の入った洗顔料を使い、古い角質を取り除きます。
顔だけでなく、首からデコルテ、肩から二の腕にかけても優しく角質をオフしていきます。
角質を取り除いた後は、朝と同じく化粧水→シートパック→クリームの順番でお手入れします。
角質を取り除くことで、より保湿成分が肌に浸透し、しっとり感や肌の透明感を得られます。
時間があるときには、シートパックをするときに、パックの上からキッチンのラップ材を使いカバーします。
もちろん、目と鼻の部分は穴をあけます。こうすることで、保湿成分の浸透がよくなり、また、冬場もシートパックで顔が冷たくなりすぎるのを防ぐことができます。

頭にはたくさんのツボがあるそうです

さらに、美肌効果を高めるため、全身の血行をよくするため、夏場でも浴槽に浸かるようにしています。
そして、体を温めると同時に、頭皮マッサージをします。
頭にはたくさんのツボがあるそうで、自分の気持ちいいと感じる箇所を適度な力加減で刺激します。
頭皮も顔につながる一枚の皮です、血行を良くすることで、顔のたるみを防ぎます。
マッサージ後は、頭皮がポカポカし、頭もすっきりするようで気持ちがいいです。
シートパックも頭皮マッサージも少々面倒に感じるかもしれませんが、すぐに慣れてきます。
慣れてしまえばしないほうが気持ち悪いぐらいです。
日々のちょっとした努力で将来がかわってくると信じて頑張っています。

関連記事

コメントは利用できません。