女性のための総合情報サイト

毎日の肌のお手入れを欠かさずすること、いかに手を抜かずめんどくさがらずやるかがポイント

化粧すら落とさずに寝てしまうこともたびたび…

私が美容のためにしていることといえば、毎日のお手入れを欠かさずすることです。
当たり前なのですが、その当たり前のことを、いかに手を抜かずめんどくさがらずやるかということが、ポイントです。
というのも、私は高校生の時から、20代前半までくらいの間、ケアをきちんとしてこなかったからです。
その時は重要視していなくて、化粧すら落とさずに寝てしまうこともたびたびありました。
20代前半も、仕事がいつも終わるのが遅かったために、気づけばうたた寝して朝を迎えてしまうこともあり、そのときももちろん化粧は落とさず寝てしまっていました。
だけど、20代中旬に差し掛かる頃、このままだとまずいなと思うようになったのです。

肌の手入れを見直すことに

そこで、肌の手入れを見直しました。
まずは、メイク落としです。メイク落としは、絶対肌をごしごしとこすらないように、優しくくるくると落としています。
肌に負担を絶対かけないためです。
そして洗顔は、たっぷりと泡を立てて洗っています。
それも、肌をこすらないように、泡を転がすような感じで洗っています。そしてそのあとにもこだわりがあります。
それは、思った以上にしっかりと泡を吹い洗い流すことです。
100回ほど、すすぎで洗い流すことにしています。そして、ポイントは冷水で洗うことです。
お湯は使っていません!そのあとの化粧水もたっぷり入れるように心がけていて、パッティングを100回くらいしています。
そして、そのあとに美容液を塗り、そのあとに美顔器をしています。
この美顔器の一手間が面倒臭いと感じる日もありましたが、そこを乗り越えて、飲んで帰った日も、どんなに疲れていても、寝不足でも、手を抜かないようにしました。
そしてそのあとは、乳液をぬり、保湿クリームを塗っています。
この工程を、肌にしっかり入り込めと気持ちを込めてきちんとお手入れすることで、必ず肌力がアップしてくれると思っています。
実際に、潤いが増えたように感じるので、これからも続けていきます!

関連記事

コメントは利用できません。